« 2006年8月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/10/27

渦銀河系について

宇宙は有機体であると捉えて渦銀河系をそれを形成する細胞と位置づけて自説を展開していきます、突然にまやかしめいた表現をして驚かすつもりではありません、宇宙は真空に近い程に柔らかな存在体であり内部活動(銀河の活動)に依って膨張もすれば収縮もすると考えているからです、それは固体物体は臨界温度で体積の変化は気体のそれに比べると僅かです、その体積変化の極端に大きな気体で形づくられた宇宙は環境温度(3°K輻射)に大きく依存しているのです、しかも活動のエネルギーの全ては自前の宇宙内で賄われます。

続きを読む "渦銀河系について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/21

宇宙の要素(3) - - Element of space (3) - -

云うまでもなく宇宙は星と空間で構成されます、ところが英語圏では宇宙を空間として捉えています、これは天文学の関連がそうさせたのかと推察します、このことは星は空間に点在することを意識したものだと考えます。

続きを読む "宇宙の要素(3) - - Element of space (3) - -"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/20

宇宙の要素(2) - - Element of space (2) - -

星の回転から重力分布の広がりを理解すると共に宇宙の秩序も認識出来るようになります、星が隕石等の宇宙空間に浮遊する物体と衝突するたびに星の位置が変わってしまうようでは宇宙の秩序が保てず混乱することになります。

続きを読む "宇宙の要素(2) - - Element of space (2) - - "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/14

宇宙の要素(1) - - Element of space (1) - -

大きくて複雑な構造物を解明するには構成要素を網羅して探求に当たるのは当然であります、構成要素を欠いては本来の解明は出来ません、しかしそれに気付かず解明に当たると実態とは異なった虚像を描き出すことになります、宇宙は実存する最大の構造体です、そこで宇宙を構成する主要な要素を探し出すことが必要になります。

続きを読む "宇宙の要素(1) - - Element of space (1) - - "

| | コメント (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年12月 »