« 2008年11月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/02/23

宇宙空間の環境を考える

いきなり宇宙空間を対象にするのではなく先ず地上大気空間から辿っていくことに

します地表から約10Km上空の大気空間を対流圏と称され太陽の熱と地球の水

の気化と凝固が大気の膨張と収縮を招き大気の大規模な循環が地球規模の気象

現象として存在しています、気象現象は留まることはありません大気の循環は常

に行われています。

一般に自然界の流体は外的な条件即ち自然現象の影響を受け停滞し続けるする

ことはありません、海洋や河川でも流れが常在化しています ましてや流動性に

富んだ大気空間では激しい気流を伴う気象現象が存在します。

自然界では流体の空間や水中は常に流動していることを認識して宇宙空間を観察

すると言うことが根底に無ければなりません、そうすることによって宇宙の動的な

構造が浮かび上がってきて理解できる様になります。

少し長くなりましたが御容赦を c(>ω<)ゞ

続きを読む "宇宙空間の環境を考える"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年5月 »