« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/16

相対論について(2)

相対論を言う前に地球の宇宙に於ける存在についての認識を確認する必要があり

ます、例えば電子顕微鏡のような強力な拡大機で持ってしても検出が困難な程の

規模の地球の現象を科学する物理科学が銀河系の活動の物理則と同一であると

する相対論は根拠がありません、大きな系に含まれる微少な系の物理則は自ら

の系内に適用されるのみで系外には及びません、まして地球は単独系とは言い

難く太陽系の付随物であります、小さな系を統括する大きな系は固有の環境に

依存した現象がありその為の物理則が当然に存在します、その際小さな系の

物理則は内包されて隠されてしまい表面に現れません。

続きを読む "相対論について(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »