« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010/06/24

二十一世紀を確かな足取りで歩こう(3)

社会経済では金融の狂乱という世紀末現象の終焉で二十世紀は幕を閉じまし

た一方学術分野では実態に目を背け虚像を追い求める虚学が全盛を極めてい

ますそして二十世紀の遺産を引き継いで熱中し未だに世紀末の狂騒を駆り立

てています、宇宙の膨張でビッグバーンが想定され集合という概念からブラック

ホールが派生して宇宙が描かれています、何れにしても実態を無視した恣意的

な憶測や解釈に基づいた架空な理論と言わざるを得ません、先ず実体在りきです

次に観察です詳しく観察することで実体の状態や状況を知ることが出来ます、こ

れが真の科学ですこのことが正当に行われていれば虚像は生まれる筈はあり

ません、ところが観察をないがしろにして推論や憶測が入り込むと実態にそぐわ

ない虚構や虚像が生まれることになります。

          人気ブログランキングへ

続きを読む "二十一世紀を確かな足取りで歩こう(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »