« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/17

コペルニクス以来の転換

宇宙を考える際はちまちました事柄を考えては宇宙を見渡すことは出来ません例

えば星が大きくなるとブラックホールに成り周囲のすべてを飲み込んでしまうのは

星が成長することに拘りかつ重力に過大の評価をして考えついたものです、それ

が銀河系の中心部の要求される吸引エネルギーに合致した結果に過ぎません、

ハッブルの宇宙膨張論についても地上の音波における現象を手掛かりに大胆に

宇宙の膨張を予測する検証不能なことを主張し混乱を招き宇宙はますます不可

解な存在になってしまいます。

宇宙の実情を理解しないで膨張を唱えるのはわたしには理解できません、何故な

ら実証不可能な理論だからです混乱を招くだけです、その上星の回転に無頓着

な現在の宇宙理論は科学の常識をわきまえない稚拙な理論と言わざるを得ない、

数式の中に科学があるとする風潮は実態と遊離し愛好者の溜まり場と化していま

す、そこには最早科学は存在しません虚構をもてあそぶ数学でしかありません。

宇宙はその規模に着目して要素を把握してそれらの連携を見いだして宇宙活動

を理解することで実態が解明されます、はっきり断っておきますが宇宙は決して

静穏な環境ではありません、活発に活動する銀河系の集合なのです。

人気ブログランキングへ

断っておきますがこのブログの内容を素人の興味本位の未熟な内容と侮らないで

いただきたい、もし記事の内容に異論があるならご指摘頂きたい議論を交わすこ

とで二十世紀科学の混迷に必ずや気付かれます。

続きを読む "コペルニクス以来の転換"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »