« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/02

等閑にされた空間(2)

星空の瞬きに魅せられて追い求めてきた光それに万有引力を見いだしそれに魅せ

られて探しあぐねた二十世紀の宇宙科学は虚像を描き上げてしました。

光からは星の状態や位置の情報は得られますから天文の分野では不可欠な情報

源でした、その光に過度の機能を背負わせたのは二十世紀でしたそして宇宙は膨

張することになったのです、さらに宇宙の誕生が語られビッグバーンが喧伝された

のです。

次に重力ですが宇宙を束ねる力学的な要素は重力以外に無いと早合点して宇宙

の汎用エネルギーは重力と光であるとして信じてひたすら探求に勤しんでいます、

宇宙膨張するとか星が肥大化してブラックホールに成るとかとまことしやかに語ら

れています。

単純に容積で比較すると宇宙の1%にも満たない星に99%もの空間を無視する

理由は見当たらない

星と星の間の自らは余り表現をしない空間に何かを語らせなければ宇宙の仕組み

は分からない。

人気ブログランキングへ>にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

続きを読む "等閑にされた空間(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »