« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012/08/23

何故 地球目線では宇宙は理解出来ないのか

宇宙を科学するには空間の広さに関心を持ち宇宙の大規模構造を見出すことに勤めなければなりません、その為には宇宙の界層構造を意識しなければなりません、これは系の広さの規模をさします、系の広さの規模である界層が異なると全く異なった固有の自然現象が存在し系内を支配するという前提とします、
宇宙内の系を小さい順に示すと惑星系、恒星系、銀河系になります、
本来は宇宙の系列は恒星系、銀河系、銀河団系とするべきですが我々の存在位置が惑星表面であるため視点を意識したことによるものです。
宇宙の構造は複数の惑星を擁する恒星系の活動集合体が渦巻き銀河系となり小宇宙を形成して宇宙空間に点在します、さらに銀河系は互いに連携していると考えられています。
惑星系、恒星系系、銀河系の広さの規模は各々約10^6(乗)倍ずつ広く地球圏から銀河系では10^12(乗)倍もの広さです、それでも視認範囲であることが
ある種の一体感を抱かせ宇宙の現象は統一されているかのごとく錯覚を抱かせています、その際たるものが重力の分布に関する認識です、合わせて空間の広さと時間の関連について再認識を促します。

続きを読む "何故 地球目線では宇宙は理解出来ないのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »