« 宇宙科学の事始め(4) | トップページ | 宇宙科学::::(6)星の誕生 »

2012/10/19

宇宙科学::::(5)太陽系

太陽系は(天の川)渦巻き銀河系を構成する恒星系の一つであるという認識で話を進めます、
系というからには星単体を指すものでは無いわけでそれは中心核の太陽(星)を周回する複数の惑星と付随する衛星等にそれらが存在する惑星周回空間とその外側に広がる太陽重力で拘束される惑星外空間で成っています。
系の中心核の恒星とその付随星の誕生形成の違いについては前に記しましたので参照して下さい、恒星系空間は中心核星が回転していますので付随星と重力拘束空間は同調して回転しますこれも前出しました、
付記することは回転する太陽の重力は太陽から離れるに連れ強さが弱まると同時に対象が広がり負荷が増しますそれに加えて周回速度が速まり大気負荷が遅れるようになり遂には回転重力に変性します、すると三次元発散エネルギーが二次元の流れエネルギーに変化します、その結果重力の拡散範囲が大幅に広がります、
このことも前出ですそれを単なる推測と見るか科学的な探求とみるかは読者にお任せします。
恒星が周囲の空間を広く付帯することでの系の総合比質量は系外の一般の宇宙空間それと同等に近づきます、即ち恒星系は宇宙空間に同化するのですしかし回転する活動空間として独立は確保します、このことも前出です参照してみて下さい。
恒星系は宇宙空間に浮かんだゆりかごなのです、その中には火の玉が抱かれています。
銀河系ではゆりかごに乗った火の玉が渦巻き状に渦の中心に向かってまるで星の台風のように渦巻いていま

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ


す、詳しくは後ほど記します。

|

« 宇宙科学の事始め(4) | トップページ | 宇宙科学::::(6)星の誕生 »

回転」カテゴリの記事

大気」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

「重力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38792/55897944

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙科学::::(5)太陽系:

« 宇宙科学の事始め(4) | トップページ | 宇宙科学::::(6)星の誕生 »