« 宇宙科学::::(5)太陽系 | トップページ | 宇宙科学:::(7)恒星の誕生 »

2012/10/29

宇宙科学::::(6)星の誕生

わたしはこれから合理性の枠を越えない範囲で発想をたくましくして星の誕生と成長の探求を試みます。
星の誕生については先に概略を記しましたので別な面から考察します、
さて星の材料で有る物塊は銀河系の中心から系の外縁部に振りまかれると考えています、
この空間には星の材料となる物塊が大量に漂っています、それら合体を繰り返して星が誕生します、
その様子を詳しく追ってみましょう、空間に浮遊する二つの物塊が近付いても激しく衝突する程のエネルギーは無く互いが引き合って接触し合う連接物塊となりそれが繰り返されて物塊集合体と成ると新たに引き寄せられる物塊は勢いが増して衝突するようになります、
物塊は極低温空間に置かれているので脆くて衝撃には弱いので強く衝突すると砕け散ってしまいますので物塊集合体が飛散しないように内部で衝撃を吸収すれば衝突物体と合わせて熱と運動エネルギーを得ます、すると熱は集合体内部に蓄積されて暖められた内部の物塊が互いに溶融接合して集合体が星という個体となります。
衝突で得た運動エネルギーは個体の移動力となり空間を彷徨って浮遊物塊の捕集活動が活発になります、星の誕生は以上の経過を辿ると考えます、その際に緊要な要素の一つに熱を上げなければ成りません、
内包された熱は物塊同士を融着結合させ一体化し弾性をもたらし、さらには内部を溶融化して球形を形作り星に成長します。

単純に物塊同士が衝突を繰り返して星が形成されるで納得したのでは宇宙の実相は掴めません、残念ながら現状はこれ以上の探求は成されていません、ですから宇宙の基礎的な現象に対して科学的な探求は成されていません、天文の成果に引きずられて来たのが宇宙科学の現状です、わたしあえて”宇宙科学の事始め”とした理由はここに在るのです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

|

« 宇宙科学::::(5)太陽系 | トップページ | 宇宙科学:::(7)恒星の誕生 »

「星」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

「空間」カテゴリの記事

「重力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38792/55926112

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙科学::::(6)星の誕生:

« 宇宙科学::::(5)太陽系 | トップページ | 宇宙科学:::(7)恒星の誕生 »