« 宇宙科学::::宇宙空間につて | トップページ | 3度K輻射を考える »

2013/01/16

宇宙科学::::空間に漂う渦

地上空間は気象の変化が激しく大気が活発に活動しているのは雲の動きや気象図を見ると分かります、地表大気は重力に拘束を受けその上大気濃度も高く粘性が大きいのにもかかわらず地球固有の熱環境が大気の活動を促しています、
大気活動の一つに渦気流の台風があります低緯度で発生した上昇気流を伴った渦気流が高緯度に向かう過程で海面の水蒸気を中立ちにして広域な渦気流に成長します、渦の中心に集まった気流は上昇気流となって解放されます、これまでは次話の理解を得る為の予備知識です。
ところで宇宙空間に台風のような渦気流が発生したらどうなるでしょうか、問題は気流が集中する中心部です集まった気流大気を解放する気流渦面の両側側が解放されています、ですから渦中心部を貫く回転軸状に噴出気流が生じます。
ですからこの一連の気流を具象的に表現するとまるで大きな扁平円盤の中心に長く両端に伸びた回転軸の付いた独楽が空中に回転して漂っている様に動的でかつ循環構造を連想させらます。
この姿に渦巻き銀河系の類似を見出したのわたしだけなのでしょうか、宇宙空間はすでに記しているように解放空間です、ですから大気は常に拡散指向で温度が下がりそれに連れて気圧も下がって渦が発生しやすい状態にあります、ですから宇宙空間は渦気流場でありかつ大気が希薄で有るため超流動ると言えます、ですから宇宙空間は超激烈な活動空間なのです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ


|

« 宇宙科学::::宇宙空間につて | トップページ | 3度K輻射を考える »

「宇宙」カテゴリの記事

「空間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38792/56549439

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙科学::::空間に漂う渦:

« 宇宙科学::::宇宙空間につて | トップページ | 3度K輻射を考える »