« 宇宙科学::::星とは? 重力と熱と空間  | トップページ | 宇宙科学::::空間に漂う渦 »

2013/01/11

宇宙科学::::宇宙空間につて

宇宙空間が真空だとするならば星が星間を得る為の反力を証明しなければなりません、これは不可能だと考えます、ですが希薄な大気空間の場であれば僅かな隙間でも忍び込む気体の特性を考えると星が空間に散在することは理解し易いことです、ですから空間は大気で形成されていると結論せざるを得ません。
しかし宇宙空間は一般的には三次元の解放された自由空間です、この状態は宇宙が膨張する要素となります、
それを可能にするには空間の温度要件が満たされかつ空間資源の確保が必要です無条件に空間が膨張することは考えられません。
実際の宇宙空間は空間と星が協業して銀河系という局所宇宙空間を形成して空域の確保と大気の温度管理を自主的に行う局所空域管理構造体が宇宙空間を分割管理していること考えています。
天文学でも宇宙は銀河系が多数存在することは明らかにされていますがその先については分かっていません。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

|

« 宇宙科学::::星とは? 重力と熱と空間  | トップページ | 宇宙科学::::空間に漂う渦 »

大気」カテゴリの記事

「宇宙」カテゴリの記事

時間」カテゴリの記事

「空間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38792/56492010

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙科学::::宇宙空間につて:

« 宇宙科学::::星とは? 重力と熱と空間  | トップページ | 宇宙科学::::空間に漂う渦 »