« 重力を追い続けた経緯(2) | トップページ | 重力には限界がある »

2014/12/30

重力を追い続けた経緯(3)

重力が宇宙空間に分布する様子に関心を持つて空間に関心を寄せると次第に星の姿が消えて空間に意識が集中します、それは重力は回転する星の表面から外周空間に向けて広がって行く見えない触手にも似たエネルギーが全球面から出ていて回転の影響を受けている様子が興味をそそるからです、星が回転していると触手が伸びるに従って後方になびいて星を取り巻いて星を取り囲む様になります、ですから星は重力で締め付けられて包み込まれた能動的な空域と一体化して宇宙空間に漂うことになります、ですから一般的には星は回転することで宇宙空間に同化します太陽重力の拡がりで太陽の重力展開を推測しました、
回転する星の重力は3次元的な拡散が星の表面から次第に離れるにつれて2次元的な渦流となって赤道面で勢力範囲を広げ扁平な回転楕円球体状の能動空間を帯同して外部に向かった能動的な空域を形成して空間に存在すると考え星の連結を解明しようと多重結合渦体で回転する星の連結の推察を試みました、
宇宙は星の連結によって構成されるという推論の根拠を渦重力の連結の根拠となる重力渦結合が基礎的な理論と考えました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

|

« 重力を追い続けた経緯(2) | トップページ | 重力には限界がある »

「重力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38792/60778770

この記事へのトラックバック一覧です: 重力を追い続けた経緯(3):

« 重力を追い続けた経緯(2) | トップページ | 重力には限界がある »