« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »

2015/01/26

宇宙は縮めてみれば解る !!

石鹸で作った幾つもの風船が宙に舞う様子を見て宇宙空間が連想出来れば宇宙に対する理解が進んだということになります、宇宙は無数の風船玉が乱舞する空間なのです、風船玉は中心で回転する熱球とその精で覆われた回転楕円球体状の回転風船で能動的で持続性が有ります、これを恒星系と称しますこの火の玉風船は宇宙の熱の背負子の役割を担っています、この宇宙の風船玉も風に吹かれて移動します、それは回転した火の玉恒星の増殖機能である重力を使って風船玉を形成して移動手段を形成したとも言えます。
宇宙空間は渦気流場であるということは既に記しました、小規模な渦気流が大きな渦気流に統合され渦巻き銀河が形成されます、循環渦気流の典型は平盤な渦気流の中心を貫く風向が逆な回転軸状の噴出気流が渦中心の圧力を開放します、この気流で星の燃え殻も外部に排出されます、この噴出軸気流はバジルの熱によって加熱膨張し勢いが増し増強されます、、渦巻き銀河系は気流の開放型の循環構造をしています、渦巻き銀河系は取り巻く周囲の環境空間が能動的に管理維持する自然の気流循環型の活動体でして空間の環境温度を管理する渦巻き循環構造体です、宇宙は存在する資源を総動員して熱を産生してその熱を集めて温風を振りまいて空間の温度を保つが構造体の複合が宇宙なのです。
なぜこんなにも突拍子な筋書きが描けるのか眉唾物と受け止めることでしょう、それは無限に広がる宇宙を原寸で見ていてはとってもこんな発想はできません、渦巻き銀河系が目の前で渦巻いて見えるほどに宇宙を縮尺するのです、大規模なものを調べるには細部に拘っていては広い視野は持てません、遠くを見透すためには望遠レンズを使わなければなりません、望遠レンズでは近くはぼやけて見えませんこのことに似ています、逆に小さなものは大きく拡大して調べなければ判らないのと一緒です、この際ですから云っておきますが熱も重力も未だに本質を掴めていません。

宇宙科学::::星とは? 重力と熱と空間を参照してみてください 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/15

20世紀は渦巻銀河からの信号が読めなかった

20世紀に入り観測技術の発達につれ渦巻き銀河系の発見が続きました、期を一にしてハッブルの宇宙膨張論が台頭し一層光のような輻射エネルギー観測が主流となり宇宙を観察する手法が限られる様な状況下となり銀河系の観察も時流に沿ったものでした、その結果は星が渦巻く様子が詳しく観測されなぜ渦巻くのかについては関心が低く星の分布のむらが回転を招くとかブラックホールが存在するという人も居ます。
もし宇宙空間の理解が少しでも有ったら渦巻き銀河系からの信号を読み解くことが出来たのではないかと残念でなりません、現状は空間という概念さえ曖昧で関心が薄く専ら星だとか星団に興味が集中してます、必要なのは星や星団が存在する居場所はどんな所かに興味をもつことです、地上空間でも気圧の変化で風が常在します宇宙においては大気濃度が極端に低いから超流動空間となります地上気象以上の気流が常在すると考えます、
宇宙の気流を読むで台風の上空写真と渦巻き銀河系の並べて共通項として渦流で類似点を比較しました。
宇宙空間の状況が分からないからといって安易に既存の理論にすがる、その繰り返しが現状ではないですか?
そこで宇宙空間の認識を促すため等閑にされた空間等閑にされた空間(2)の記事を1読して頂きたい

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/11

空間の再認識(評価)

透明で澄み渡った星空に静粛さと深淵さを抱きこそすれそこに活動的な雰囲気は感じられないその為20世紀までは宇宙空間に何の機能も見出せなっかた、それは膨張論の影響が大きかったことに因ると考えます、
もし宇宙空間が静寂そのもので動きが無いとすると星は止まったままで宇宙の活動が停止してしまい宇宙は機能不全となり宇宙は消滅してしまいます、何故なら熱が宇宙空間に伝わらなくなるからです、星の熱は厚い断熱構造の大気層で包まれています、そもそも星の輻射熱は空間を暖めることは出来ません、星の熱を空間に伝える為には宇宙規模の装置が必要になります、それが渦巻き銀河系と言うことになります。
宇宙は空間と星で構成されます、星については詳しく観測や研究がなされて膨大な資料が残されています、しかし空間については全く手付かずのまま研究の対象にはなりませんでした、したがって空間と星の関連については無関心でした、結果宇宙は星と無機能な立体的な広がりで成り立っていると理解されてきました、ですから従来の宇宙観には星が主体で補助的に空間がある程度の認識しかありませんでした、星の重力や熱を追及すると空間を意識せざるを得ませんでした。
星の重力の対象の主体が星では無く空間でであることが明らかになると宇宙は空間そのものであり星は空間に融合するかのように同化し空間の態様に組み込まれ宇宙活動を要素となります、宇宙活動の意義は空間の維持にあります、宇宙全体が活動体の連合であれば存在が保たれます。
では宇宙活動の主体は何かそれは消費される必須エネルギー熱なのです、熱が宇宙活動の鍵を握っていると言っても過言ではありません、。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/07

重力には限界がある

重力は星の属性の一つで機能と役割を記します、そのため改めて過去の記事を読み返して見ました要領を得た記事が見当たりません、恒星系の在り方で太陽系の重力展開を説明した程度で星の重力結合についての言及については確たる記事は在りません、恒星系の重力結合の要件は星の回転軸が平行で赤道面を同じくした場合に限られる、単に隣に近づいたから結合出来るわけではありません、この限られた条件が揃わないと安定した重力結合は出来ません、これは気宇な条件ともいえます従ってこれだけからでも恒星の重力結合現象の困難さは分かります。
そこで具体的に太陽系の重力の広がりを予測し結合可能な恒星が存在するかを調べてみます。
一般に回転する星である恒星は重力を外部に向け発散しています、この観点では宇宙空間は重力場と言えます
重力は一般に空間の大気に連鎖的に作用をして拡散すると考えます、星が回転すると拘束された大気が負荷となって星に負担を掛けます、一般に重力は直進するとし回転する星の表面から立ち上がった重力線は表面から離れるにつれて発射点から遅れていき軌跡は放物線を描くように湾曲します、それは星の表面上空間は赤道上では円周は回転体の径の2乗に比例して大きくなることのためです、まるでゼンマイを巻く様に重力は旋回エネルギーに変成され積層されます、ついには重層重力旋回エネルギーはエネルギー準位の低い外部に向けて平板的に広がります、つまり2次元拡散に変成されたことになり勢力範囲を広げることになります。下図 参照


    1図         2図           3図

uzu4     

uzuph3

uzuABs2

 

                                 

1図 太陽の赤道平面の重力分布                                        

2図 太陽の回転軸平面の重力分布

                                           

3図 1図を斜めから見た斜視図 (補助図)

恒星系はこのようにして領域空間を確保しています、それは何の為なのでしょうかわたしは当初は星の連結を計る手法と考えました、ところが宇宙の星間距離は想像以上に大きいことに気付きました、太陽系についてみても付近に存在する恒星は近くても5光年しかも赤道面が異なっています、太陽系の重力範囲もとても1光年の先まで広がるとは考えられません、恒星は重力で連結することは一般的では無いと結論しました。
星の重力は空間を星に帯同させることが主任務で星が回転すると付帯空間が能動的動空間となって存在を安定にし空間に存在を確保する、このような恒星は風が無ければ星は動けないようになります。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »