« 待たれる宇宙の立体動画表示 | トップページ | 21世紀の課題 科学の復権 »

2015/03/29

20世紀を展望して

20世紀が過ぎてはや 15年になります、振り返てみることができる頃合いになったと考えます。
天文の分野に限てみると科学技術の発展が観測技術の飛躍的な向上を招き天空の星や星団の分布の詳細が明らかになりました、にも関わらず宇宙の実態は未だ明らかになっていません、それを示すのが天文に宇宙論という不確定な分野が未だ存在することです、これは20世紀では宇宙の謎を解き明かすことが出来なかったことを示すことになります、にも拘わらず虚像は築き上げましたそれは一般の支持を得るものではありません。
19世紀から引き継いだ数式至上の思考様式が蔓延して本来の科学の探求手法を一変させました、それは対象を直に視ることに関心が向かわず過去の類似の成果を検索する作業に専念することになります、これは期を同じくした唯物史観論争に類似しています、天文の分野では相対論の権威は衰えません、その上に膨張論まで飛び出して空間を無視する様になり20世紀は宇宙を正視出来なくなりました、その結果がブラックホールを生みビグバーンを起こす宇宙の虚構を築いてしまったのです、この20世紀の宇宙像は歴史の審判に耐えうる物なのかを想定すると否と云う以外にありません。
先ず我々が生存する地上の自然と同意の宇宙に自然が存在することを認識出来ていないことが初歩的かつ致命的な欠陥であり虚構を築かざるを得なかった、宇宙の環境認識が不定な状態での憶測や推論に正当性は見だせる訳がありません。
ところで宇宙環境という奇異な表現ですがこれは宇宙空間の物理的な状態を指したものですです、先ずは空間の大気の濃度分布、温度分布、そしてごく低濃度による超流動性の大気空間はまさに気流場であることとその中に存在する星はそこに順応すべく星は回転し重力で大気衣を纏って流動空間に散在しているこの認識が出発点です、数式で描く虚像には真実が在りません。
以上を総括すると20世紀の宇宙論または宇宙像は継続に値しない。

|

« 待たれる宇宙の立体動画表示 | トップページ | 21世紀の課題 科学の復権 »

宇宙論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38792/61274640

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀を展望して:

« 待たれる宇宙の立体動画表示 | トップページ | 21世紀の課題 科学の復権 »