« 21世紀の課題 空間を知る | トップページ | 21世紀の課題 熱を知る(2) »

2015/06/16

21世紀の課題 熱を知る(1)

水蒸気風船は時間が経つにつれ内部の水蒸気が冷やされて水滴になって遂にはしぼんでしまいます,
これは空間の温度依存性を象徴的に示した現象です、宇宙空間も大気で形成されているとすれば温度依存性は免れない筈です、
そこで宇宙空間の環境温度が3Kであると観測されています、この温度条件ではヘリュームガスは気体を保ちますが水素は液化します、この2者以外の物質は全てが凝集して体積を極端に失います、ですから宇宙は希薄なヘリュームガスが主体の大気空間であろうと推察します、
一般に極低温で極低圧な空間に動きは想像できません、ところが予想に反して希薄のため粘性が失われれ超流動な空間は僅かな気圧変異(局所低気圧)に敏感に応答する超流動空間です、そしてそこには気流の抑制の機能を持つ重力が存在しません、
宇宙空間は囲いのない開放状態ですから大気は常に拡散指向にあります益々大気圧は下がる傾向にあります、ですから空間は常に温度が低下指向です、大気温度が下がれば空間は体積を委縮します、常態を維持するためには宇宙空間は温めるか大気を撹拌して温度を維持する必要があります。
宇宙空間の温度を維持する熱源は星以外に見当たりません、そして星が空間を温めるためには自然の摂理に従がわねばなりません、放射熱は空間を直に温められないということです、それは星の熱で直に空間を温められないということです、この大きな自然の摂理が宇宙の構造を定めたのです。


|

« 21世紀の課題 空間を知る | トップページ | 21世紀の課題 熱を知る(2) »

「宇宙」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38792/61723401

この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀の課題 熱を知る(1):

« 21世紀の課題 空間を知る | トップページ | 21世紀の課題 熱を知る(2) »