« 21世紀の宇宙科学原論(8) -- (日本人の発想) | トップページ | 21世紀の宇宙科学原論 -- (1..0) (日本人の発想) »

2016/05/15

21世紀の宇宙科学原論 (9)--(日本人の発想)

宇宙空間の温風装置
いよいよ宇宙の温風装置について仕組みと機能を説明します、星空を散りばめている無数の恒星達は灼熱のコークスが固有の空間で包まれて保温された状態になっています、この状態では宇宙空間は恒星から熱を得ることは出来ません、恒星の熱を宇宙空間に移すには恒星を包み込む固有の空間を剥ぎ取って宇宙空間に曝さなければなりません、そこに宇宙空間の気流を直接に当てることで初めて恒星の熱が宇宙空間に移ったことになります、渦巻き銀河系にはこの機能が備わっています、

Ginga5a_2

上の図は渦巻き銀河系の模擬図です、渦巻き銀河系の気流はは透明体です、そこで解りやすくするために図示してみました、図面中央の多重の同心円は主体の銀河渦円盤気流で(空色)の複数の円弧は渦状気流であることを表示してその中心部に(赤丸)は恒星を表します、渦気流の中心部で灼熱した恒星が密集して相乗加熱される様子を示しています、加熱された渦気流は渦中心で気流渦面に垂直な噴出突風熱気流(黄色)となりこの熱風軸気流は渦気流面から遠ざかり次第に勢いが衰え気流が分散しキノコ傘状(桃色)に拡がり中心の渦気流の銀河面に被さり循環構造を形成します、銀河面の中心から垂直に立ち上りる熱突風には星の燃え殻が含まれ熱と共に外界に放散されます、そして星の再生産が始まり新たな循環構造がうまれます。
ところで宇宙は星の熱を空間に転移するのに渦巻銀河系という膨大で正に宇宙規模の構造体を必要としたのです、また銀河系が多数存在するということは宇宙の広さを知る手がかりになります。

宇宙は空間と星が共演する場であると言えます。

|

« 21世紀の宇宙科学原論(8) -- (日本人の発想) | トップページ | 21世紀の宇宙科学原論 -- (1..0) (日本人の発想) »

「宇宙」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38792/63617299

この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀の宇宙科学原論 (9)--(日本人の発想):

« 21世紀の宇宙科学原論(8) -- (日本人の発想) | トップページ | 21世紀の宇宙科学原論 -- (1..0) (日本人の発想) »