« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016/11/20

太陽重力の展開と惑星

わたしは電気を専攻しました最初に電磁気学に接して電磁誘導現象を知りました、

それに関心が向かい電流と磁気の直交現象の虜になりました。

それが契機で重力に興味を持ち太陽系の構造に関心を抱きました、回転する太陽が

複数の惑星を周回させている状態が原子の構造に類似していると興味を持ちました、

そこで自転する太陽の重力に関心を持ちました太陽表面は高比重の流動体のコロナ

層で覆われその外側に宇宙空間が拡がっているとします、重力は太陽から垂直に

立ち上がり表面から離れるに後ろ弧を描くように曲げられますそれにつれて空間の

気体負荷が加わり遂には円を描くようになります、あたかも重力ゼンマイを巻く様に

重力線が密集します、密集した重力線環の外側ではゼンマイがほどける様に拡

って渦巻く様に外方に渦巻きながら広がって気流渦の様子を下図で示しました。


Img_0392_2


上図は赤道面の重力の展開図を示したものです、全体的に回転楕円体状に重力

が拡がて膨らんだ円盤状の回転気流活動体が太陽系であり恒星系の姿なのです。

では図の説明をします、中央が太陽を示します、そこに弧状の矢印が太陽の全周

に複数図示したのが重力を示します、この空域を内太陽系域とします、さらに

太陽から離れると回転に伴うずれと気体負荷で周回重力エネルギーに変性されて

重力の周回層が形成されます、するとその重力周回層の外側の重力が曲率性を

失いバネが弾けるように外方弧を描きながら拡がっていきます、この空域を

外太陽系域とします、内と外では重力環境が大きく異なります、これで惑星の

自転の相違も理解し易くなります、内太陽系域には自転速度の遅い水星、金星、

地球、火星が外太陽系域には自転速度の遅い木星、土星等になります。

太陽の重力展開の様子は次の例で理解の一助にしていただきたい、

水槽の中央の排水口から水を抜く際に現れる水流の様子は排水口の周りは

落差が発生して渦巻きながら排水口に水が落下します排水口から離れるに

したがって平坦な回転水流となります、参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/14

現代の宇宙科学  (私案)

宇宙空間はあらゆる輻射エネルギーを透過します、そして何万光年も遠方の星の

光をも捉えることが出来る透明性があります、だからと言って真空ではありません、

それは宇宙空間の3K放射が物質の存在を証明しています、わたし達はこの様に

透明で希薄な宇宙空間で起きている宇宙現象を理解できずにいます、宇宙は気

体で占める空間と物体で形成する物塊と星の連合活動空間で熱を生産し空間を

温める不断の活動の場が宇宙なのです、この様子が我々には全く描けていませ

ん、それは宇宙の仕組みの根本が理解されていないからです。

宇宙は大気が形成する空間が主体であるということが大前提であるという

ことを認識することが緊要であります。

空間を無視した20世紀の宇宙理論は自己満足的な空論と言わざるを得ません

限りなく透明で全ての輻射エネルギーを透過する空間に全く関心を持たず空間

大気を存在を無視して虚構を築いてきました、

ブラックホールを探して何十年未だに実体を捉えていません、不確かな理論に

幻惑され彷徨ったのが二十世紀です、空間は気体物質で形成されるという認識

のもと気体物質は温度依存性が顕著で体積の変化率が激しくそれに伴って空間

の気圧変動が発生して流動が活発になります。

星は重力が周囲の空間大気を引き寄せ広範な空間を纏いますこの様子は太陽系

が示しています。

一般に恒星は宇宙空間に同化し宇宙気流に乗って流されます、そして渦気流

(銀河系)で渦中心に集められ

バジルで星の相互加熱で星を焚き熱気と燃え殻は軸噴流によって系外に拡散

されます、こうして宇宙空間は

温められ星の種も<広く宇宙空間に撒かれます、

宇宙空間の気流の原動力は熱です空間の温度差が気圧の差となって気流が

発生します、宇宙の気体空間の特性としては3Kを割り込むと大気(ヘリュームガス)

が凝集して空間が委縮して一瞬にして真空状態になり

周囲から気流が押し寄せ渦気流が発生します、これを宇宙低気圧系とします、

規模は様々で小規模は造星渦から大は銀河系を産み出す大規模な渦巻き気流が

発生して宇宙が形作られます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »