« 太陽重力の展開と惑星 | トップページ | 宇宙の姿 »

2016/12/09

見えないものを観る

表題が正に宇宙科学の神髄であります、宇宙は星が存在する空間を指します、宇

宙空間は透過性が高くあらゆる放射エネルギーを高効率に透過します、何億光年

もの彼方の星の光も観測出来程の透明さがあります、この様な透明な空間に何か

秘めた物があるとは想像は出来ません残念ながら20世紀ではそれを見出すこと

が出来ませんでした、

しかし宇宙が活動的だということを示す明確な痕跡が在ります、それは渦巻き銀河

系の星が渦巻いている形状が地上の台風に類似していることから判断できます。

これで宇宙空間には星を運ぶ気流が在ることに気付きます、そこで太陽系に注目し

ます太陽系は広大な回転楕円体状の気流空間を重力で形成し帯同します、そうす

ると太陽と惑星等の質量(総重量)と太陽系空域体積のの比は0に等しく太陽系

回転気団は宇宙空間に同化し漂います、こうして軽くなった恒星系は宇宙空間の

気流に乗って銀河系の渦気流に巻き込まれます、これで宇宙の動的な一面を示し

ました。

自分が住んでいる星が空間に漂っているこの現実を認識することから科学が始まる!!

|

« 太陽重力の展開と惑星 | トップページ | 宇宙の姿 »

「宇宙」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38792/64567822

この記事へのトラックバック一覧です: 見えないものを観る:

« 太陽重力の展開と惑星 | トップページ | 宇宙の姿 »