« 見えないものを観る | トップページ | 熱が宇宙空間を操っている »

2017/01/09

宇宙の姿

宇宙が外界に囲まれているとすると宇宙の内部圧力が外界のそれと等しく釣り合

いが取れていると考えられる、宇宙空間は星と大気で構成されていて熱的に管理

され内部圧力は保たれています、それで宇宙は領域を確保して存在が保たれて

いるのです。

ところで空間を温めるのには暖気を撹拌することで可能となります、ですから宇宙

空間は盛んな気流が常在します、しかし一般には気流は2次元的な大気活動で

これだけで内部圧力にはなり得ません、宇宙では2次元的な渦気流の中心に

直交する軸状噴出気流で構成される渦巻き銀河系が宇宙空間に点在することで

内部圧力として外界に対応しています、渦巻き銀河系は宇宙空間を温めると共

に広範な活動空域を占める気流活動体です。

宇宙の大気活動の原動力は宇宙空間大気の温度変化に依存します、大気が

凝集することで渦を起こし気流が生まれます、それで星が生まれ銀河が形成され

ます、大気温度が低いと宇宙活動が活発になって星を造り銀河を産みます、

宇宙の大気温度が高くなると大気の凝集が少なくなり宇宙の大気活動は少なく

なります、宇宙活動は自律的に制御され外部との調整をしているものと考えます。

|

« 見えないものを観る | トップページ | 熱が宇宙空間を操っている »

「宇宙」カテゴリの記事

物理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38792/64699247

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の姿:

« 見えないものを観る | トップページ | 熱が宇宙空間を操っている »