« 宇宙の姿 | トップページ

2017/02/07

熱が宇宙空間を操っている

近代宇宙科学で熱は無視されてきました、自然界で熱は物質の存在を示す証拠で

す、物質の無い所に熱は存在しません、空間は大気物質が在るから熱を持つので

す、真空では物質が存在しないから熱を発することはありません、宇宙全域で3K

輻射が観測されます、これは宇宙空間は大気物質で形成されている証です、

気体物質で形成される宇宙空間は環境温度に敏感に反応します、開放空間の

宇宙空間は温度は下がる傾向にあります、大気濃度の極端に希薄な宇宙空間で

は超流動状態にあり僅かなあ気圧差で気流が発生します、そこで気温が下がって

気圧が低い所に向けて気流が発生します、ですから気流が常在する超流動空間

なのです、このことを理解するのが宇宙を科学する第一歩になります。

さらに気体物質の温度特性が宇宙空間の活動を特徴づけます、推論を交えて

示します、それはヘリュームガスを主成分とする宇宙大気は気流が停滞すると

大気温度が下がり3Kを割り込むと大気が突然に凝集して大幅に体積を萎縮し

ます、

するとそこの空間が消失して散在している物体や宇宙の塵が衝突合体して

中心核が形成されます、その核が小さいうちは立体気流渦状の宇宙低気圧系

として宇宙空間に存在します、核が大きくなると立体渦気流は重力で拘束され

核を取り巻く回転気団に変成され恒星系となります、核は物体の衝突合体で

成長し火球なり熱を蓄えます、そして宇宙の燃料となりさす。

さらに大きな宇宙低気圧系は大きな恒星系を沢山巻き込んだ巨大な宇宙低気

圧系が発生します、これは3次元の立体渦気流構造していて恒星系を運ぶ

平板な気流渦とその中心部のバジルから渦面の表裏に垂直立ち上る回転

軸状の噴流が星の熱と燃え殻を外部え発散します、こうして星の熱と燃え殻

は宇宙空間に拡散されます、宇宙空間を温めるにはこんな巨大な装置が

必要のです。

渦巻き銀河系は平面的な渦巻き構造が結合機能を示し渦巻き中心部の

噴流気流は系の勢力域を確保します、まさに小宇宙とも云える構造体です。

宇宙は渦巻き銀河系の連合体です。

膨張論や相対論に囚われていてはこの様な発想は出て来ないと思います、

本来の科学の手法を思い起こして宇宙を科学することが緊要です。


|

« 宇宙の姿 | トップページ

大気」カテゴリの記事

「宇宙」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

「空間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38792/64774309

この記事へのトラックバック一覧です: 熱が宇宙空間を操っている:

« 宇宙の姿 | トップページ