2013/11/28

21世紀を確かな足取りで歩こう(4)

20世紀の初頭にカールマルクスの唯物史観が一世を風靡し共産主義が台頭し共産主義国家が林立しました、世紀末にはその殆どが形骸化してマルクス理論を語る人は居なくなりました。
宇宙科学(天文)の分野でも20世紀に入ってアインシュタインの相対論が脚光を浴びました、続いてハッブルの膨張論が出現しつられてビッグバンだとかブラックホールという奇想天外な妄想がまことしやかに語られそれに基づき宇宙像が描かれてきました、そうさせたのは数理至上指向が科学を歪めたことによると指摘します、それが科学本来の手法を等閑にしたのです、
天文の分野では20世紀の誤謬をそのまま引き継いで歩んでいるのです、この状況から抜け出る為には科学する姿勢を正さなければ成りません、その為には先ずアインシュタインやハッブルの呪縛を解かなければなりま
せん。
それには初心に戻って先ず星空に対面することです、そして宇宙は空間と星で構成されていることを再認識する必要があります、その際に留意することは広さの規模を常に念頭に置かなければなりません、地球規模の現象に拘ると宇宙広範の現象を見出せないこともあります、例えば星は恒星系を指すのごとくです、
あまり些細なことを気にしないで星は空気を纏った火の玉回転体と見なし宇宙空間は解放された超流動性を持った極低温で超希薄な大気で形成されているとします、ですから空間を維持するためには熱が必要であることを理解しそのうえで開放空間の特性を科学して宇宙空間は渦気流場であることを突きとめ銀河系は渦気流構造体であることを認識します、
ところで星の熱を空間に転移させるのには宇宙大気に直に触れて伝えなければなりません、輻射熱エネルギーは空間を暖めることは出来ません、星が空間を暖めるためには装置が必要になります、
上記を総合すると活動する星団(熱塊集団)<渦巻き銀河系>の機能が見えてきます、それを科学するのが当面の課題なのです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/14

宇宙科学:::(7)恒星の誕生

恒星と惑星は大きさが極端に相違します、それは成因によると判断して冒険的な推論を試みます。
渦巻き銀河を内包する球形の宇宙空間であるハローの外殻を形成する気流は銀河中心から対称に噴出する柱状気流は星を形成する大量の物塊を含んでいて噴出の勢いが弱まるとキノコの傘状に弧を描いて拡散し銀河の平盤な渦気流に覆い被さり拡散気流と吸引気流が手を結んで球形の殻状の三次元気流が形成されます、渦巻き銀河はこの循環殻気流に囲まれて安定した存在を確保しています。
わたしはこの循環気流の繋ぎ目に注目しています、そこは拡散気流が集束気流に転換する変節点であるからです、いつも気流の転換が安定して行われているとは限りません、ですから乱気流が発生しやすい場所でありますそこには必ず気流渦が発生します、ここには銀河中心から放出する星の燃え殻即ち星の材料となる物塊の通り道になっているのです。
そこで供給側の勢いが弱って吸収側の勢いが勝ると局部的に気圧が下がり温度も下がり大気が凝集すると真空状態になって空間を喪失しますですからそこに存在する全ての物塊は瞬時に衝突合体し高温を発する星を形成します、
周囲から気流が押し寄せ渦気流が発生します、そこに存在する物塊は全てが渦の中心に吹き寄せられ衝突合体します、その際は物塊の引力の相乗作用で急速に激しく合体して発熱して回転する恒星系の誕生します、
ハロー殻で誕生した恒星系の子供が銀河渦気流に乗って中心に向かって長い旅をすることになります、道中浮遊する星や物塊を捕捉して大きく成長します、さて銀河の中心では何が起きているのでしょう ?

この記事を読んで幼稚だとか稚拙だと判断されるのはあなたが特殊な先入観を持って判断しているからです、現実は宇宙の身近な事柄は未解明のまま放置されている、人目を引く奇異な理論が横行して宇宙に虚像を描くことに皆が専念しています、これは西洋の合理主義の極みとされる数学万能思想の産物です、全てを数学的に表現できるとする意識が宇宙を上から目線で判断しようとした結果です、宇宙を征服したという不遜な気概を感じます、これは西洋文明の限界を示すものです、異文化の助けを借りなければなりません、何よりも必要なことは科
学を本来の姿に戻す必要があります。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/15

宇宙科学の事始め(4)

この一連の記事は続きもので(1:::)から遡って読んで貰うと理解し易いように単文で書いています。
宇宙科学の命題の1つに星の存在意義の解明があります、それには星の機能や役割を探らなければなりません、それが出来れば宇宙の全容がほぼ掴めます、現状では全く手が付けられていません、関心が別の方向に向いています、何とかこの状態を正常な状態に戻そうと腐心しているのが現状です、しかし権威主義が蔓延ししかも理論体系が確立した現状を否定することは十六世紀に地動説を唱えるのに似ています、それを覚悟して宇宙の真の姿を伝えたい考えています。
さて星空を観察する際あえて度の強い眼鏡を掛けると星々がぼやけて星空が不鮮明になります、この状態が宇宙における恒星系のの実体に近いように考えます、星の輪郭が不鮮明になり星明かりが外部に広がるこの様子が恒星系の姿に似ているからです、更に恒星系が空間に同化する感じが掴めるのです。
星空に輝く恒星達は太陽系に類形をしていると考えて差し支えない考えます、ですから太陽系の実像を突き止めれば宇宙の実像が僅かでも浮き上がらせることが出来ます、それには核となる回転する太陽の重力の分布知らなければ成りません。

記事の内容が重複してしまいがちですがご容赦願います。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/10

宇宙科学の事始め(3)

前回は単眼的な宇宙論が跋扈している現状を看過できずつい持論を披瀝してしまい話が逸れましたのでそれを引き継ぎ元に戻しますます、
宇宙では物体が衝突を繰り返すことで大きな物体が形成され星に成長して回転するようになり重力も増えます、
恒星の誕生はもっと劇的と考えています、銀河系の外縁部の穏やかな空間で発生する大規模な局所渦気流で中心部の多数の物体が瞬時に衝突合体して大きな星の核を形成して周囲の物体を捕捉合体して大きく成長すると考えています、
このようにして星の躯体が形成されると質量に応じた重力得てなおその上繰り返された衝突の運動エネルギーが回転力と熱を供給します、重力は周囲の空間大気を媒体にしてを広く空間を領域化して一体化します、星は回転していますので重力拡散空域は星の赤道面が膨らんで極上が押しつぶされた扁平な活動する回転楕円体に成ります、
ところで星の重力は星から遠ざかるに連れてその距離の2乗に反比例して減衰します、ですから星の重力の実効範囲は限られます、それにも関わらず重力が周く宇宙に存在する唯一の力学的な要素として依存したのは他に宇宙を束ねる要素が見出せなかったに過ぎません、このことについても後で探求します。
ところで重力は星の付随力学的エネルギーでありそれ以上では無いということを認識することが宇宙科学の基礎としなければなりません、そうすれば当然宇宙を束ねる別な要素を求めることになります。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/03

宇宙科学の事始め (2)

現状では銀河系の構成因子である恒星は太陽系に類似していると判断して異論
はないと考えます、ところで恒星内の周回惑星やその衛星等も星に成長すると回
転すると判断して差し支えない、当然恒星自身も回転しています、ですから星は
おしなべて回転しているこのことは前回の記事を確認した次第です。

このことは物理的に評価すると力学的な質点である星が回転していて宙に浮いて
いているので支点が定まらない、それにも増して星の重力は周囲の大気を抱え込
んで回転気団を形成した恒星系は宇宙空間大気に同化するかの如く溶け込みま
すとうことは宇宙では力学的な質点は存在しないことになります、
ですから可視的には星が数多瞬いている宇宙空間は星間は力学的には靜な空
間です、今回は質点を消してしまう重力を主として取り上げます。

ではエネルギーの実相を垣間見てみましょう、熱と重力は共に物質界で必須な
要素です熱は物質内の活動のに原動力となる食物で少ないと動きが鈍くなり外か
ら取り入れます食べ過ぎると外に吐き出します、ですから自然界は熱の授受の場
です、
一方重力は物体を構成する物質を結び付ける結合力が重合して物体の外部に
表出した吸着エネルギーで機能的には物体締結力エネルギーで別称を万有引力
といいます、わたしはこのことを考えつくのに3週間を費やしました。

わたしが訴える科学とは他人の理論にすり寄るのでは無く多少稚拙であっても
自己を納得させる理論を考え出すことです、そうすることで理論の多様性が生ま
れ選択の余地が生まれ新しい理論が導き出されるのです、
ところが現状では多様性は無視され特定の理論が圧倒的な支持を受けそれに
基づく宇宙像が描かれています、それは稚拙で全くの空想図に等しいもので
一般には説得力を持ちません、それを臆面も無く宣伝している様は後世の笑い
ぐさです。

横道に逸れたので続きは次回に持ち越します。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/21

宇宙科学の事始め (1)

あなたは太陽系の星の殆どが自転していることから宇宙では星の自転は一
般的な現象であること言うことを推測したことはありますか、
おそらく関心が薄く考えた人は少ないと思います、ましてや星の回転が引き起
こす諸々の現象について考えを馳せたことは少ないと思います、
本来 宇宙の科学はここから始まらなければならないのです、地球の自転が日
をめくり公転が季節を生み年を刻みます、地球が回転していることが常識化して
見過ごしてしまったのだと考えます、
宇宙科学の現状は幼児に説明するかのようなブラックホールやビッグバーンの
お絵かきにに専念しています、
その結果 相対論と宇宙膨張論の説明と後追いに明け暮れています、そこには
科学は存在しません、科学すると言うのは現象を観察して合理的に体系付ける
作業を指します、それには斬新さや独自性が求められます、
旧来の理論に傾倒し擁護することに専心することは常に反省が伴わないと迷路
に陥ります。

話題を星の回転現象に戻します、一般的には星は物塊の度重なる衝突で成長
すると考えています、(注 宇宙では物塊の分布は霧状に見えます)宇宙空間
には星の種と肥やしになる物塊が無尽蔵に浮遊しているいると考えています、
その供給元は渦銀河系の中心部で系内の外縁部に向け放散されます、
それが渦気流に乗って漂っているうちに近づいた物塊が衝突を繰り返して大
きく成長する過程で衝突の運動エネルギーが熱と回転力に変換され巨大化
したものが恒星となります、

星が回転するようになるのは重心を外れた衝突で回転が始まります、衝突を
重ねるごとに回転速度を増し内部温度も上昇します、
星が回転すると回転軸が固定され存在が安定します、
星は回転することで周囲の空間を重力によって能動領域とし存在が確立し
ます、こうなりますと星と星が直接衝突することは無くなり結合合体が行われる、
総合すると星は回転することで空間に同化して一体となって宇宙構造体の構成
要素になり役割を担います。

星の回転についてだけでも探求する事柄がこの様にいろいろ考えられます、
旧来の説に頼って宇宙を眺めていては新しいことは見つかりません、
俗な言い方をしますと宇宙に直接手を突っ込んで探す意気込みが無いと真実
は見つかりません、洗脳された現状では難しいですが克服されなければなりま
せん、次は重力等を取り上げます。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

続きを読む "宇宙科学の事始め (1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/23

何故 地球目線では宇宙は理解出来ないのか

宇宙を科学するには空間の広さに関心を持ち宇宙の大規模構造を見出すことに勤めなければなりません、その為には宇宙の界層構造を意識しなければなりません、これは系の広さの規模をさします、系の広さの規模である界層が異なると全く異なった固有の自然現象が存在し系内を支配するという前提とします、
宇宙内の系を小さい順に示すと惑星系、恒星系、銀河系になります、
本来は宇宙の系列は恒星系、銀河系、銀河団系とするべきですが我々の存在位置が惑星表面であるため視点を意識したことによるものです。
宇宙の構造は複数の惑星を擁する恒星系の活動集合体が渦巻き銀河系となり小宇宙を形成して宇宙空間に点在します、さらに銀河系は互いに連携していると考えられています。
惑星系、恒星系系、銀河系の広さの規模は各々約10^6(乗)倍ずつ広く地球圏から銀河系では10^12(乗)倍もの広さです、それでも視認範囲であることが
ある種の一体感を抱かせ宇宙の現象は統一されているかのごとく錯覚を抱かせています、その際たるものが重力の分布に関する認識です、合わせて空間の広さと時間の関連について再認識を促します。

続きを読む "何故 地球目線では宇宙は理解出来ないのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/08

宇宙をもう一度考え直してみよう

今までの記事を総括することで宇宙について明確に観点を示し理論の転換を促します、
それには我々が対象とするのは無限小に近い粒である物質の様子とエネルギーという根源的な物から始まり無限大に拡がる宇宙を自然科学の視点で考察することです、
先ず自然現象を科学する過程でエネルギーを科学し正確に認識しなければなりません、
その上で宇宙の階(界)層を理解し時間や長さの目盛りの単位も階層に従うということを認識することが宇宙を理解する要件になります。

もう重力を追い回すのは止めましょう !!

 

続きを読む "宇宙をもう一度考え直してみよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/10

熱を忘れた宇宙科学

熱を忘れた宇宙科学は海の底に埋めましょか

それとも熱を忘れた宇宙科学は太陽にくべて燃やそうか

いえいえそれは可哀想う

熱を忘れた宇宙科学は真理の鞭で打ちましうか

それとも迷える西洋は東洋の魂で正しましょう

人気ブログランキングへ>にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

続きを読む "熱を忘れた宇宙科学"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/27

宇宙時間について

尺度は広さに応じて目盛りを変えます、ノートや小さな板きれの寸法を測るには

ミリメートルの精度が要求されます100mの距離を測るには1m以内の誤差は

許されます、宇宙では天文単位の一つで光年というとてつもない距離の単位が

有用な単位として使われています、この内容は時間と距離の積を距離の単位と

するものです。

このことからも時間は場所や空間の広さに連動する概念であると気が付きます、

例えば観察者から同じ方向に離れたA点と更にその倍離れたB点にそれぞれ同

じ速度で移動する移動体を視線を横切る方向に一定時間移動させるとB点の移

動体はA点の移動体の半分の位置に留まる、遠くの移動体は速度が遅く移動距

離も短く感じます、ですから何光年も彼方の星は動いていても止まって見えるの

です。

人気ブログランキングへ>にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

続きを読む "宇宙時間について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

エネルギー | 合間 | 回転 | 大気 | 宇宙 | 宇宙論 | | 時間 | | 空間 | 重力