2016/10/05

宇宙空間に漂うのは星風船とその集団です !!

表題の疑問に無頓着で明解な回答が得ていない現状が宇宙の実態を示せない最大の原因だと考えます、
そこで身近な風船が宙に舞う現象で重い物体が宙に浮く仕組みを解明します。
シャボン玉は大きく膨らませると空間に長く漂います、それは限られた量の石鹸水の被膜で形成されるシャボン玉は形状の大小に関わらず重量は変わりませんが体積は異なります、小さなシャボン玉は浮力が無くすぐに地面に落下します、大きなシャボン玉は空間に留まり被膜が破れて破裂するまで空間に留まります、これは大きなシャボン玉は浮力が増して空間に漂うことを示しています、このことはゴム風船についても云えます大きくふくらませた風船では中に軽量な球を入れても空中に浮遊します。
以上のことは空間を伸長性のある物質を使って物理的に囲い込んで閉鎖空間を作ると広さに応じた単位面当たりの重力は小さくなりかつ移動するには周囲の気体を移動させなければなりません、そこで大きな風船は空間に永く留まることが出来ます。

宇宙では星が風船を形作る機能を持ちます、その主役は星の重力です、ところで重力は星の表面に浮遊する物体を地表に引き付ける引力と認識されていますが星を取り囲む空間大気を捉えて捕捉し引き寄せることには関心が至っていません、一般に星は孤立して宇宙空間に存在します、星が単独で空間に浮遊できるのは星が風船状の広い空域を帯同するからです、恒星の重力の唯一の負荷は空間大気です惑星は付随物と云って過言ではありません、宇宙空間大気は非常に希薄で重力には軽負荷で広域な空域に勢力を拡散して領域とします、
風船はゴムや紙で空気を封入する閉空間であるのに対して星の重力で作る恒星系風船は重力が大気を捕捉して作り上げる開構造をしています、しかも星は回転しているので風船も扁平な回転楕円体状をしています。
恒星系風船が回転楕円体であることで安定して空間に存在します、恒星系風船は唯一宇宙空間の大気流に乗って移動します、その気流は渦巻き銀河系の大渦気流です。

わたし達が見ている星空は全てが星風船とその集団です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/02

宇宙を操るそれは”熱”だ !!

現象を計量化し数値化することで数式化に至るこれが20世紀の科学的な手法でした、これで得た成果は大きく20世紀は科学技術の全盛を来たしました、一方宇宙現象については巨大過ぎて数値化や計量化が困難で数式化を試みたのですが成功したとは言えません、手がかりとして重力が有りますが重力の認識が不確かで光に頼って計量化を試みて仮想の理論を唱えたり宇宙が膨張するとして空間の機能を無視する暴論が宇宙の仮想の歴史絵を描き上げました、
宇宙の実態は広大な空間とそこに点在する多(無)数の星々や星団の活動を詳らかにして宇宙の動的な姿を描き出し、熱が宇宙の活動の根源であることを突き止めれば宇宙の活動が理解できて宇宙を観る目が開眼します、
熱が有れば空間大気は膨張して大気圧が上がります、熱が低いと大気空間は萎縮して大気圧が下がります、宇宙空間では大気温度が下がることが有っても上がることはありません何故なら星の熱は直に空間を温めることは出来ないからです、宇宙空間の温度を維持するには空間大気を温めるためる仕組みが必要です、その鍵を握っているのが宇宙空間で観測される3K輻射温度です、宇宙空間の局所で気流が止まり大気が停滞して3Kを割り込むと大気が凝集が始まり突然に低気圧域が出現します、同時にそこに散在していた小物体が衝突合体して星が形成され、そこに向けて周囲から気流が押し寄せて回転する恒星が形成されます、恒星の重力が宇宙大気を絡め取り空間大気を纏った独立回転気団となり中心の灼熱の恒星を保温ます、これは太陽系を見れば理解できます。 
恒星系は宇宙空間を温めることはありません、熱を蓄える装置として宇宙空間に存在します、複数の恒星系が分布する広域な宇宙空間で気流が停滞し広範な宇宙空間の温度が下がり3Kを下回ると瞬時に空間が失われ複数の恒星が衝突してバルジが形成されそこに周りから気流が押し寄せ渦巻き銀河系が形成されます、銀河系は恒星系気団の集合になります、中心部で気流が加熱滞留します、そして銀河渦面に垂直な軸状の突風熱気流が形成され中心部の圧を開放します、その熱風には星の燃え殻が含まれ銀河系の外部に熱と星の種を撒き散らすのです、

宇宙の構造は熱エネルギーが物質の特性を巧みに使った循環気流構造体を宇宙全域に配置して宇宙空間全域の温度管理する気流活動体です、気流が停滞するとそれを補う自立型の構造体になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/01

宇宙科学::::星とは? 重力と熱と空間 

宇宙では熱は自前で生産しなければなりません、その役割を担うのは星なのです何故なら熱を蓄え放散するのは固体物質で形成される星以外には見当たりません、星は大きくなると構成物体の結合力が増加して中心部に向かう締め付け力が加圧力となり熱を発するようになり、さらに高温になると内部固体物体が溶融化し質量の大きな物質は中心部に集まります、これは一種の内部重力も言えます、熱は次第に表面に伝わります、これが一般的な星の形だと考えます、

さらに大量の物体を捕捉して大きくなると表面にまでに高熱が拡がります、この状態になりますと星の重力も強大になり周囲の空間大気を引き寄せて同体化します、高温の状態で拘束される大気(He;水素)が核融合反応して大量の熱エネルギーを発散して灼熱の火の玉となります、従来とと異なる点は核融合材料は自らの重力で周囲の空間から調達するという点です、即ち恒星が放熱する燃料は空間から調達するのです、このことは星と空間は連結合体していることになります。

星と空間の合体と云えばそれは重力が結び付けたのです、もし静止した星と空間が重力で合体したとすると近寄った2つの静止した星は重力は直接に働いて衝突することになります、実際には星空で恒星同士の衝突は観測されていません。

それは全ての恒星(星)は回転しているからです、回転する星の重力は周囲の空間を抱いて星と一緒に回転して広域で扁平な回転楕円体の空間を確保するのです、この様に空間を帯同した恒星系は宇宙空間に自立して固有空間として同化するのです、そして姿勢が安定して存在が確立します、多少の外力を受けても姿勢が揺らぐことは無くなります、その上広域な楕円空間を帯同する恒星系の比質量は宇宙空間のそれと相違が無い程となります、ですから恒星系は宇宙空間の大気の流れに連れて揺れ動きます、この状態が恒星系が宇宙空間に自立的に同化したということです。

星の重力が熱を生み空間を帯同して空間に同化することが理解できてはじめて渦銀河系の動的な構造を探求することが出来るのです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/14

宇宙科学:::(7)恒星の誕生

恒星と惑星は大きさが極端に相違します、それは成因によると判断して冒険的な推論を試みます。
渦巻き銀河を内包する球形の宇宙空間であるハローの外殻を形成する気流は銀河中心から対称に噴出する柱状気流は星を形成する大量の物塊を含んでいて噴出の勢いが弱まるとキノコの傘状に弧を描いて拡散し銀河の平盤な渦気流に覆い被さり拡散気流と吸引気流が手を結んで球形の殻状の三次元気流が形成されます、渦巻き銀河はこの循環殻気流に囲まれて安定した存在を確保しています。
わたしはこの循環気流の繋ぎ目に注目しています、そこは拡散気流が集束気流に転換する変節点であるからです、いつも気流の転換が安定して行われているとは限りません、ですから乱気流が発生しやすい場所でありますそこには必ず気流渦が発生します、ここには銀河中心から放出する星の燃え殻即ち星の材料となる物塊の通り道になっているのです。
そこで供給側の勢いが弱って吸収側の勢いが勝ると局部的に気圧が下がり温度も下がり大気が凝集すると真空状態になって空間を喪失しますですからそこに存在する全ての物塊は瞬時に衝突合体し高温を発する星を形成します、
周囲から気流が押し寄せ渦気流が発生します、そこに存在する物塊は全てが渦の中心に吹き寄せられ衝突合体します、その際は物塊の引力の相乗作用で急速に激しく合体して発熱して回転する恒星系の誕生します、
ハロー殻で誕生した恒星系の子供が銀河渦気流に乗って中心に向かって長い旅をすることになります、道中浮遊する星や物塊を捕捉して大きく成長します、さて銀河の中心では何が起きているのでしょう ?

この記事を読んで幼稚だとか稚拙だと判断されるのはあなたが特殊な先入観を持って判断しているからです、現実は宇宙の身近な事柄は未解明のまま放置されている、人目を引く奇異な理論が横行して宇宙に虚像を描くことに皆が専念しています、これは西洋の合理主義の極みとされる数学万能思想の産物です、全てを数学的に表現できるとする意識が宇宙を上から目線で判断しようとした結果です、宇宙を征服したという不遜な気概を感じます、これは西洋文明の限界を示すものです、異文化の助けを借りなければなりません、何よりも必要なことは科
学を本来の姿に戻す必要があります。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/29

宇宙科学::::(6)星の誕生

わたしはこれから合理性の枠を越えない範囲で発想をたくましくして星の誕生と成長の探求を試みます。
星の誕生については先に概略を記しましたので別な面から考察します、
さて星の材料で有る物塊は銀河系の中心から系の外縁部に振りまかれると考えています、
この空間には星の材料となる物塊が大量に漂っています、それら合体を繰り返して星が誕生します、
その様子を詳しく追ってみましょう、空間に浮遊する二つの物塊が近付いても激しく衝突する程のエネルギーは無く互いが引き合って接触し合う連接物塊となりそれが繰り返されて物塊集合体と成ると新たに引き寄せられる物塊は勢いが増して衝突するようになります、
物塊は極低温空間に置かれているので脆くて衝撃には弱いので強く衝突すると砕け散ってしまいますので物塊集合体が飛散しないように内部で衝撃を吸収すれば衝突物体と合わせて熱と運動エネルギーを得ます、すると熱は集合体内部に蓄積されて暖められた内部の物塊が互いに溶融接合して集合体が星という個体となります。
衝突で得た運動エネルギーは個体の移動力となり空間を彷徨って浮遊物塊の捕集活動が活発になります、星の誕生は以上の経過を辿ると考えます、その際に緊要な要素の一つに熱を上げなければ成りません、
内包された熱は物塊同士を融着結合させ一体化し弾性をもたらし、さらには内部を溶融化して球形を形作り星に成長します。

単純に物塊同士が衝突を繰り返して星が形成されるで納得したのでは宇宙の実相は掴めません、残念ながら現状はこれ以上の探求は成されていません、ですから宇宙の基礎的な現象に対して科学的な探求は成されていません、天文の成果に引きずられて来たのが宇宙科学の現状です、わたしあえて”宇宙科学の事始め”とした理由はここに在るのです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/21

宇宙科学の事始め (1)

あなたは太陽系の星の殆どが自転していることから宇宙では星の自転は一
般的な現象であること言うことを推測したことはありますか、
おそらく関心が薄く考えた人は少ないと思います、ましてや星の回転が引き起
こす諸々の現象について考えを馳せたことは少ないと思います、
本来 宇宙の科学はここから始まらなければならないのです、地球の自転が日
をめくり公転が季節を生み年を刻みます、地球が回転していることが常識化して
見過ごしてしまったのだと考えます、
宇宙科学の現状は幼児に説明するかのようなブラックホールやビッグバーンの
お絵かきにに専念しています、
その結果 相対論と宇宙膨張論の説明と後追いに明け暮れています、そこには
科学は存在しません、科学すると言うのは現象を観察して合理的に体系付ける
作業を指します、それには斬新さや独自性が求められます、
旧来の理論に傾倒し擁護することに専心することは常に反省が伴わないと迷路
に陥ります。

話題を星の回転現象に戻します、一般的には星は物塊の度重なる衝突で成長
すると考えています、(注 宇宙では物塊の分布は霧状に見えます)宇宙空間
には星の種と肥やしになる物塊が無尽蔵に浮遊しているいると考えています、
その供給元は渦銀河系の中心部で系内の外縁部に向け放散されます、
それが渦気流に乗って漂っているうちに近づいた物塊が衝突を繰り返して大
きく成長する過程で衝突の運動エネルギーが熱と回転力に変換され巨大化
したものが恒星となります、

星が回転するようになるのは重心を外れた衝突で回転が始まります、衝突を
重ねるごとに回転速度を増し内部温度も上昇します、
星が回転すると回転軸が固定され存在が安定します、
星は回転することで周囲の空間を重力によって能動領域とし存在が確立し
ます、こうなりますと星と星が直接衝突することは無くなり結合合体が行われる、
総合すると星は回転することで空間に同化して一体となって宇宙構造体の構成
要素になり役割を担います。

星の回転についてだけでも探求する事柄がこの様にいろいろ考えられます、
旧来の説に頼って宇宙を眺めていては新しいことは見つかりません、
俗な言い方をしますと宇宙に直接手を突っ込んで探す意気込みが無いと真実
は見つかりません、洗脳された現状では難しいですが克服されなければなりま
せん、次は重力等を取り上げます。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

続きを読む "宇宙科学の事始め (1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/02

天文学には無い宇宙の自然とは?

今は地道に宇宙を探求して宇宙の謎を解き明かそうという機運が全く感じられません、過去の威光を唯一の拠り所にして宇宙を見渡しています、特定な指標を拠り所にして判断したら偏った判断が生まれます、そのような色眼鏡を掛けると宇宙の自然が見えなくなるのです、
次に最近気が付いたことですがて天文学では空間に関心を持ちません、広さの要素としか見ていません、ひたすら星からの輻射エネルギーの情報を求め観測に傾注し探索が続いています、
どうやら天文学では星の観測を通して宇宙の構造を解明しようとしてるようです、しかし宇宙の実
態は星と空間で構成されています、空間を無視しては宇宙の解明は不可能です。
そこで宇宙の様子は天体観測で星や星団を調べるだけでは宇宙の実態は理解来ないと言う観点から宇宙の自然を列挙します。

続きを読む "天文学には無い宇宙の自然とは?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/13

天文学からの飛躍(2)

星空に見える全ての星は空間の真っ直中に何の支えもなく漂っています、しかもど

んなに密集していても星同士の衝突は観測されません、高性能な観測装置でこれ

が星の衝突だとする写真は実感が沸きません、宇宙科学はこの辺から出発すべ

きだと考えます、ところが観測技術の発展に理論がついて行けないためにもっぱら

遠くに関心が向けられました、そのことが招いた結果は宇宙膨張という途方もない

理論の出現でした。

これは余りにも無謀としか考えられません、何故かというと宇宙の実態が掴めてい

ない現状を理解していない暴挙だからです、それは天文学は光を観測手段で最も

有効とする歴史的な背景があったことは理解できます、それにしてもこの様な重大

な理論の根拠を光の性質にのみ依存すると言うことは軽率だと謗りを受けて仕方

ありませんしかしそれを許した時代背景が在ったとしか云いようがありません、

もっと多角的な観点からの検証が成されて然るべきであったと考えます。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村

続きを読む "天文学からの飛躍(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/25

恒星系の仕組み

古くから航海術に 天文航法が用いられ天文に関心が向けられていました。
そのためには現在の場所と時刻での天体の変化する様子を把握する必要があります。
従って星を観察する技術が発達し星の立体的な位置が分かってくると地動説が支持されようになりました。
そして宇宙の広さが実感されたのでした。

続きを読む "恒星系の仕組み"

| | コメント (1) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

エネルギー | 合間 | 回転 | 大気 | 宇宙 | 宇宙論 | | 時間 | | 科学 | 空間 | 重力