2017/02/07

熱が宇宙空間を操っている

近代宇宙科学で熱は無視されてきました、自然界で熱は物質の存在を示す証拠で

す、物質の無い所に熱は存在しません、空間は大気物質が在るから熱を持つので

す、真空では物質が存在しないから熱を発することはありません、宇宙全域で3K

輻射が観測されます、これは宇宙空間は大気物質で形成されている証です、

気体物質で形成される宇宙空間は環境温度に敏感に反応します、開放空間の

宇宙空間は温度は下がる傾向にあります、大気濃度の極端に希薄な宇宙空間で

は超流動状態にあり僅かなあ気圧差で気流が発生します、そこで気温が下がって

気圧が低い所に向けて気流が発生します、ですから気流が常在する超流動空間

なのです、このことを理解するのが宇宙を科学する第一歩になります。

さらに気体物質の温度特性が宇宙空間の活動を特徴づけます、推論を交えて

示します、それはヘリュームガスを主成分とする宇宙大気は気流が停滞すると

大気温度が下がり3Kを割り込むと大気が突然に凝集して大幅に体積を萎縮し

ます、

するとそこの空間が消失して散在している物体や宇宙の塵が衝突合体して

中心核が形成されます、その核が小さいうちは立体気流渦状の宇宙低気圧系

として宇宙空間に存在します、核が大きくなると立体渦気流は重力で拘束され

核を取り巻く回転気団に変成され恒星系となります、核は物体の衝突合体で

成長し火球なり熱を蓄えます、そして宇宙の燃料となりさす。

さらに大きな宇宙低気圧系は大きな恒星系を沢山巻き込んだ巨大な宇宙低気

圧系が発生します、これは3次元の立体渦気流構造していて恒星系を運ぶ

平板な気流渦とその中心部のバジルから渦面の表裏に垂直立ち上る回転

軸状の噴流が星の熱と燃え殻を外部え発散します、こうして星の熱と燃え殻

は宇宙空間に拡散されます、宇宙空間を温めるにはこんな巨大な装置が

必要のです。

渦巻き銀河系は平面的な渦巻き構造が結合機能を示し渦巻き中心部の

噴流気流は系の勢力域を確保します、まさに小宇宙とも云える構造体です。

宇宙は渦巻き銀河系の連合体です。

膨張論や相対論に囚われていてはこの様な発想は出て来ないと思います、

本来の科学の手法を思い起こして宇宙を科学することが緊要です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/05

宇宙空間に漂うのは星風船とその集団です !!

表題の疑問に無頓着で明解な回答が得ていない現状が宇宙の実態を示せない最大の原因だと考えます、
そこで身近な風船が宙に舞う現象で重い物体が宙に浮く仕組みを解明します。
シャボン玉は大きく膨らませると空間に長く漂います、それは限られた量の石鹸水の被膜で形成されるシャボン玉は形状の大小に関わらず重量は変わりませんが体積は異なります、小さなシャボン玉は浮力が無くすぐに地面に落下します、大きなシャボン玉は空間に留まり被膜が破れて破裂するまで空間に留まります、これは大きなシャボン玉は浮力が増して空間に漂うことを示しています、このことはゴム風船についても云えます大きくふくらませた風船では中に軽量な球を入れても空中に浮遊します。
以上のことは空間を伸長性のある物質を使って物理的に囲い込んで閉鎖空間を作ると広さに応じた単位面当たりの重力は小さくなりかつ移動するには周囲の気体を移動させなければなりません、そこで大きな風船は空間に永く留まることが出来ます。

宇宙では星が風船を形作る機能を持ちます、その主役は星の重力です、ところで重力は星の表面に浮遊する物体を地表に引き付ける引力と認識されていますが星を取り囲む空間大気を捉えて捕捉し引き寄せることには関心が至っていません、一般に星は孤立して宇宙空間に存在します、星が単独で空間に浮遊できるのは星が風船状の広い空域を帯同するからです、恒星の重力の唯一の負荷は空間大気です惑星は付随物と云って過言ではありません、宇宙空間大気は非常に希薄で重力には軽負荷で広域な空域に勢力を拡散して領域とします、
風船はゴムや紙で空気を封入する閉空間であるのに対して星の重力で作る恒星系風船は重力が大気を捕捉して作り上げる開構造をしています、しかも星は回転しているので風船も扁平な回転楕円体状をしています。
恒星系風船が回転楕円体であることで安定して空間に存在します、恒星系風船は唯一宇宙空間の大気流に乗って移動します、その気流は渦巻き銀河系の大渦気流です。

わたし達が見ている星空は全てが星風船とその集団です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/02

宇宙を操るそれは”熱”だ !!

現象を計量化し数値化することで数式化に至るこれが20世紀の科学的な手法でした、これで得た成果は大きく20世紀は科学技術の全盛を来たしました、一方宇宙現象については巨大過ぎて数値化や計量化が困難で数式化を試みたのですが成功したとは言えません、手がかりとして重力が有りますが重力の認識が不確かで光に頼って計量化を試みて仮想の理論を唱えたり宇宙が膨張するとして空間の機能を無視する暴論が宇宙の仮想の歴史絵を描き上げました、
宇宙の実態は広大な空間とそこに点在する多(無)数の星々や星団の活動を詳らかにして宇宙の動的な姿を描き出し、熱が宇宙の活動の根源であることを突き止めれば宇宙の活動が理解できて宇宙を観る目が開眼します、
熱が有れば空間大気は膨張して大気圧が上がります、熱が低いと大気空間は萎縮して大気圧が下がります、宇宙空間では大気温度が下がることが有っても上がることはありません何故なら星の熱は直に空間を温めることは出来ないからです、宇宙空間の温度を維持するには空間大気を温めるためる仕組みが必要です、その鍵を握っているのが宇宙空間で観測される3K輻射温度です、宇宙空間の局所で気流が止まり大気が停滞して3Kを割り込むと大気が凝集が始まり突然に低気圧域が出現します、同時にそこに散在していた小物体が衝突合体して星が形成され、そこに向けて周囲から気流が押し寄せて回転する恒星が形成されます、恒星の重力が宇宙大気を絡め取り空間大気を纏った独立回転気団となり中心の灼熱の恒星を保温ます、これは太陽系を見れば理解できます。 
恒星系は宇宙空間を温めることはありません、熱を蓄える装置として宇宙空間に存在します、複数の恒星系が分布する広域な宇宙空間で気流が停滞し広範な宇宙空間の温度が下がり3Kを下回ると瞬時に空間が失われ複数の恒星が衝突してバルジが形成されそこに周りから気流が押し寄せ渦巻き銀河系が形成されます、銀河系は恒星系気団の集合になります、中心部で気流が加熱滞留します、そして銀河渦面に垂直な軸状の突風熱気流が形成され中心部の圧を開放します、その熱風には星の燃え殻が含まれ銀河系の外部に熱と星の種を撒き散らすのです、

宇宙の構造は熱エネルギーが物質の特性を巧みに使った循環気流構造体を宇宙全域に配置して宇宙空間全域の温度管理する気流活動体です、気流が停滞するとそれを補う自立型の構造体になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/01

21世紀の宇宙科学原論 (7) --(日本人の発想)

宇宙産物ーー宇宙低気圧系ーー
寒い日は温風機を使って部屋を暖めるのが一般的です、温風機は発熱体に直に風を当て空気を加熱する伝導加熱で温風を発生します、宇宙でも空間を温めるには熱源とそれに触れる気流が必要です、熱源は言うまでも無く恒星になります、しかし恒星は重力によって広い空域で囲まれて保温され外部に熱を逃がしません、ですから単独では恒星の熱で宇宙空間は温めることはありません、しかし系外の宇宙空間は熱が不可欠です、それはあたかも石油が無いと自動車は走れないと同様に熱が無いと空間が凝集して空間が委縮してしまい空間が失われてしまいます、ですから宇宙空間を維持する為には熱が必須ななのです。
冒頭に温風機の話をしましたが宇宙にも温風装置が必要だということを理解して頂くための布石でした、宇宙空間は超希薄な気体物質で形成されています、気体物質は開放状態では熱の受容体ですですから宇宙空間も開放状態であるから熱を必要とします、熱が得られないと空間が委縮して宇宙が縮小しかねません、そこで宇宙は熱を自前で産み出しその熱を広く宇宙空間に振り撒いて宇宙を維持しています。
宇宙の3次元空間ではA, Bの2点を結ぶ気流は存在しません、気圧の低い空域に周りから気流が押し寄せて立体渦巻気流体が発現します、それは局所空域の気流が停滞すると気体物質が空間の閾値を割り凝集に至るためです、宇宙には様々な規模の宇宙低気圧系が発生して星を産生したり恒星系を造成し大規模な構造体である渦巻銀河系をも構築するのです。
宇宙は星を伴った多様な気流構造体が宇宙の温度維持に当たっています、激しい気流活動の現場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/23

21世紀の宇宙科学原論 (6)--(日本人の発想)

宇宙空間を科学する(2)
空間は気体物質で形成されています宇宙空間も同様です、こんな単純なことが歪められたのが20世紀になってからでした、
それは宇宙の膨張論により宇宙空間は真空に近い状態であるとして無視され科学の対象になりませんでした、私見ですがこれでは星々が空中に漂う様が判然としません、真空の中に星が浮かぶ様が想像できないからです、これを補うように星の重力が僅かな期待を抱かせている、こんな疑問が付きまとうのは私だけでしょうか?
宇宙空間は超希薄な気体物質で形成されているということが宇宙を科学する糸口になると考えます、
その為には空間は気体物質で形成されるというのが大前提になります、ですから宇宙は星を形成する固体物質と空間を形成する気体物質で構成されるということになります、
宇宙は存在を確保するには宇宙空間の活動を維持することが必須な要件です、その活動の源はエネルギーということになります、そのエネルギーは何処から得るのかというと星の熱エネルギーがその役割を果たします、
しかし簡単にはいきません、星の熱は直に空間を温めることは出来ません、輻射熱は空間を透過して気体を温めることは出来ません、
そこで宇宙には星の熱で空間を温める仕組みが在ります、その仕組みの主役を担うのは宇宙の気流なのです。
次回は熱を必要とする宇宙空間の活動について記します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/16

21世紀の宇宙科学原論 (4)--(日本人の発想)

宇宙空間の無視されている実態
宇宙は空間という場を気体物質で形成します、その結果空間は気体物質の物理的な特性が隈なく活用されて宇宙空間の諸々な現象が生まれます、このことは容易に理解できることです、しかし現状はこのことに気付いていません、空間自体が能動的に活動して宇宙を形成するとは考えられないというのが現実です、それで重力に期待を寄せて描いたのが現在の宇宙像なのです、そのほか諸説が出現して20世紀の宇宙像が出来たのです、しかしそれは空想的な側面を持った非科学的なものでした。
空間は宇宙全域に展開する広域な要素です、その空間は大気で形成されます、しかし膨張論はこれを否定します、それを20世紀では了解したのです、その結果宇宙空間の大気が消失したのです、その結果重力に過度な役割を課してしまいました、それで重力はいたる所で顔を出して宇宙を組み立てると考えたのです。
それは特定の理論を支持するため真実を隠したことによるものです、そのほか現象を解析して状態を予想しようとする手法は限界が在り総体的ではありません。
ところで宇宙全域に連続して存在する宇宙大気は正に宇宙の汎用要素でありそこに存在する気流は同じく汎用性を持った宇宙現象であると言えます、ところが空間大気は透明で気流は直に目視できません、宇宙空間は大気が希薄で僅かな圧力変異に敏感に反応して気流が発生する超流動状態です、この状態を我々は目視出来ません、20世紀が過ぎてもこのことを気付きません、たとえどんな高機能な観測機を持ってしても直に観測は出来ないでしょう、それを見出すにはもう一度科学の基本に戻って謙虚な観察眼を得ることです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/10

21世紀の課題 熱を知る(2)

熱が織りなす壮大な宇宙現象を示しましょう、銀河系間の宇宙空間は無拘束で開放的な自由空間です、熱的には臨界状態にあります、ですから流動状態にあれば熱の移動は容易ですが停滞すると熱の移動が止まり開放状態で拡散指向の大気は温度低下し易くなり大気の凝集を来します、すると気圧の低下を招き周囲から気流が押し寄せ渦気流が発生します、この渦気流は各所に頻発し大半は消滅します、中には複数の渦気流が合体して大きく発達して内部に星を沢山内包するようになり星の合体で熱を持つようになると立体渦状の銀河系が形成されます、以上銀河系の誕生の隠れた主役は熱であることを納得いただけるとおもいます。
では渦巻き銀河系は宇宙にどんな働きするか当ってみます、何千億個の恒星が渦巻く気流の中心部は恒星が密集して相乗加熱状態になり超高温状態になり固体物質も気化する高熱炉と化して渦気流の中心の垂直開放気流に熱気と星の燃え殻を載せて渦気流面と垂直方向に渦面の表裏に開放して立体渦気流体が形成されて渦巻き銀河系となります、これは開循環構造で持続性のある活動体です、機能は宇宙空間の局所を温める撹拌温風機として宇宙宇宙空間の保全を司ります。
宇宙空間は銀河系の連合で温度維持を図る気流活動集団を構成して存在を確保しています、特筆すべきは宇宙は自前で熱の生産します、空間に散在する星の種(物塊)が衝突することで発生する熱エネルギーが星を加熱し恒星を産み出すのです、宇宙は存在の継続可能な活動体です。

    渦巻き銀河の模擬図

Ginga5a_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/09

21世紀の課題 空間を知る

宇宙空間には重力の気配は在りません、このことは宇宙を理解する上で緊要な認識でなければなりません、開口一番驚かすような文句で失礼します、これは空間に対するあなたの認識を改めることを求めるためです。
前に記したように重力は星の附随エネルギーで回転する星の周囲の大気を絡めとり星を芯とする回転楕円体状の空間を形成して星を宇宙空間に同化させます、星はこのようにして空間仕様に身繕いします、決して重力が宇宙空間に滲み出るようなことはありません、そして星が合体することはあっても衝突することは有りません、それは星は回転しているからです、そして宇宙空間が広いので星が合体する程には近づくことはありません、このことは宇宙観測で星の衝突現象を捉えていないことで納得できます、ところで太陽の周辺に存在する恒星は5光年以上離れていてしかも回転面が異なっています、これでは距離が離れ過ぎてしかも回転結合面が不一致で連結の仕様がありません、このことから重力の限界を知ることが肝要です、一般には宇宙空間での星間距離は想像したよりは離れています、膨大な数の星の存在よりも空間の広さの方が勝っていることを悟ることが肝要だと考えます、宇宙空間は広いのだということを再認識する必要があります。
そこで今まで無関心でいた宇宙空間に脚光を当て様子を探って実態を明かす努力を今世紀には果たさなければなりません、気体濃度が低く真空に近くて3K度という極低温状態の宇宙空間で何が出来るというのでしょうか、この謎解きをしなければなりません。
宇宙空間の大気濃度が極端に低いということは大気の粘性が低く流動的で僅かな圧力差で気流が発生し大気の流動空間となっています、まして気流を抑制する重力が無い状態ですから平衡が取れない超乱流状態にあります、この中に立体的循環渦気流を持ち込めば周囲の乱気流は収まり銀河系として空間の維持管理を果たします、その陰の主は熱なのです。
次回は熱を取り上げます。

宇宙空間という概念をまとめてみました。
空間は大気で形成された3次元の空域を指します、宇宙空間の広さは宇宙全域に亘ります、その限界は広すぎて未解明です、空間は大気圧の局所変化を周囲の空間で平準化して影響の拡散を防ぐ包含機能を持っています、宇宙空間は銀河系という大気加温機能の局所大気変動域を多数内包した巨大空間ということになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/26

宇宙は縮めてみれば解る !!

石鹸で作った幾つもの風船が宙に舞う様子を見て宇宙空間が連想出来れば宇宙に対する理解が進んだということになります、宇宙は無数の風船玉が乱舞する空間なのです、風船玉は中心で回転する熱球とその精で覆われた回転楕円球体状の回転風船で能動的で持続性が有ります、これを恒星系と称しますこの火の玉風船は宇宙の熱の背負子の役割を担っています、この宇宙の風船玉も風に吹かれて移動します、それは回転した火の玉恒星の増殖機能である重力を使って風船玉を形成して移動手段を形成したとも言えます。
宇宙空間は渦気流場であるということは既に記しました、小規模な渦気流が大きな渦気流に統合され渦巻き銀河が形成されます、循環渦気流の典型は平盤な渦気流の中心を貫く風向が逆な回転軸状の噴出気流が渦中心の圧力を開放します、この気流で星の燃え殻も外部に排出されます、この噴出軸気流はバジルの熱によって加熱膨張し勢いが増し増強されます、、渦巻き銀河系は気流の開放型の循環構造をしています、渦巻き銀河系は取り巻く周囲の環境空間が能動的に管理維持する自然の気流循環型の活動体でして空間の環境温度を管理する渦巻き循環構造体です、宇宙は存在する資源を総動員して熱を産生してその熱を集めて温風を振りまいて空間の温度を保つが構造体の複合が宇宙なのです。
なぜこんなにも突拍子な筋書きが描けるのか眉唾物と受け止めることでしょう、それは無限に広がる宇宙を原寸で見ていてはとってもこんな発想はできません、渦巻き銀河系が目の前で渦巻いて見えるほどに宇宙を縮尺するのです、大規模なものを調べるには細部に拘っていては広い視野は持てません、遠くを見透すためには望遠レンズを使わなければなりません、望遠レンズでは近くはぼやけて見えませんこのことに似ています、逆に小さなものは大きく拡大して調べなければ判らないのと一緒です、この際ですから云っておきますが熱も重力も未だに本質を掴めていません。

宇宙科学::::星とは? 重力と熱と空間を参照してみてください 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/15

20世紀は渦巻銀河からの信号が読めなかった

20世紀に入り観測技術の発達につれ渦巻き銀河系の発見が続きました、期を一にしてハッブルの宇宙膨張論が台頭し一層光のような輻射エネルギー観測が主流となり宇宙を観察する手法が限られる様な状況下となり銀河系の観察も時流に沿ったものでした、その結果は星が渦巻く様子が詳しく観測されなぜ渦巻くのかについては関心が低く星の分布のむらが回転を招くとかブラックホールが存在するという人も居ます。
もし宇宙空間の理解が少しでも有ったら渦巻き銀河系からの信号を読み解くことが出来たのではないかと残念でなりません、現状は空間という概念さえ曖昧で関心が薄く専ら星だとか星団に興味が集中してます、必要なのは星や星団が存在する居場所はどんな所かに興味をもつことです、地上空間でも気圧の変化で風が常在します宇宙においては大気濃度が極端に低いから超流動空間となります地上気象以上の気流が常在すると考えます、
宇宙の気流を読むで台風の上空写真と渦巻き銀河系の並べて共通項として渦流で類似点を比較しました。
宇宙空間の状況が分からないからといって安易に既存の理論にすがる、その繰り返しが現状ではないですか?
そこで宇宙空間の認識を促すため等閑にされた空間等閑にされた空間(2)の記事を1読して頂きたい

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

エネルギー | 合間 | 回転 | 大気 | 宇宙 | 宇宙論 | | 時間 | | 物理 | 科学 | 空間 | 重力