2016/11/20

太陽重力の展開と惑星

わたしは電気を専攻しました最初に電磁気学に接して電磁誘導現象を知りました、

それに関心が向かい電流と磁気の直交現象の虜になりました。

それが契機で重力に興味を持ち太陽系の構造に関心を抱きました、回転する太陽が

複数の惑星を周回させている状態が原子の構造に類似していると興味を持ちました、

そこで自転する太陽の重力に関心を持ちました太陽表面は高比重の流動体のコロナ

層で覆われその外側に宇宙空間が拡がっているとします、重力は太陽から垂直に

立ち上がり表面から離れるに後ろ弧を描くように曲げられますそれにつれて空間の

気体負荷が加わり遂には円を描くようになります、あたかも重力ゼンマイを巻く様に

重力線が密集します、密集した重力線環の外側ではゼンマイがほどける様に拡

って渦巻く様に外方に渦巻きながら広がって気流渦の様子を下図で示しました。


Img_0392_2


上図は赤道面の重力の展開図を示したものです、全体的に回転楕円体状に重力

が拡がて膨らんだ円盤状の回転気流活動体が太陽系であり恒星系の姿なのです。

では図の説明をします、中央が太陽を示します、そこに弧状の矢印が太陽の全周

に複数図示したのが重力を示します、この空域を内太陽系域とします、さらに

太陽から離れると回転に伴うずれと気体負荷で周回重力エネルギーに変性されて

重力の周回層が形成されます、するとその重力周回層の外側の重力が曲率性を

失いバネが弾けるように外方弧を描きながら拡がっていきます、この空域を

外太陽系域とします、内と外では重力環境が大きく異なります、これで惑星の

自転の相違も理解し易くなります、内太陽系域には自転速度の遅い水星、金星、

地球、火星が外太陽系域には自転速度の遅い木星、土星等になります。

太陽の重力展開の様子は次の例で理解の一助にしていただきたい、

水槽の中央の排水口から水を抜く際に現れる水流の様子は排水口の周りは

落差が発生して渦巻きながら排水口に水が落下します排水口から離れるに

したがって平坦な回転水流となります、参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/16

科学の現状を憂う

.電磁気学に接して太陽系に関心を持ち宇宙にのめり込んで30年既存の理論にとらわれずエネルギー的な面から宇宙を探っていくうちに従来の理論が不完全で貧弱であるのに気付きました、そこで独自の見解と理論を駆使して回転する星の重力の渦展開を見いだしました、そして宇宙は熱的活動体の集合であることを突き止めました、それはこのブログの場で理論を積み上げたお陰です感謝します。
ところで宇宙の実態を調べるに当たり既存の理論や知識は殆ど役に立ちませんでした、と言うよりも無いに等しいくらいでした、重力の分布についてもしかり星の回転についても星が放つ熱についてまでも無関心で従って空間の大気は無視されてしまいます、ですから空間大気の活動など知る由も有りません、こんな状況で宇宙が描かれていたのです。
宇宙を科学する際にこんなにも貧困な学術環境を招いたのは何処に原因が有るのだろうか、それは現今の科学風土に問題があることに気が付きます、科学する際に成果を数式表現するという合理性の追求が経過を疎かにしその結果観察を怠ったことに因るものです、そうして数式の展開に労力を費やし虚像を作り上げる結果になりました。
観測を怠ると思索能力が劣化して推測力や探索力それに展開力が衰え本来の科学力が失われていきます。
そんなジレンマに陥ったのが二十世紀の基礎科学の実態なのです、早急に改善されるべきです。
蛇足ですがこのブログを書き上げるのにどれ程の思索を巡らしたかご推察頂けたら幸せです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/26

太陽の回転が重力を変成する

わたしたちは有史以来一貫して地表から天体を眺め観測してきました、その対称は星が主体でした観測の拠り所は星が発する光に依存しました、観測結果の判断の基準は地球表面の自然現象に基づく物理概念でした、そこで太陽系内の活動を直に調べてみます。
太陽は回転していますそれから発散する重力は当然に外界の影響を受けることになります、それは太陽を取り巻く空間大気と惑星等の系内物質です、これらを太陽は自らの回転慣性エネルギーで回転駆動し系全域を回転気流団と成している、太陽から発散する重力は太陽表面から離れるにつれて大気負荷が太陽の回転に付いていけなくなり遅れるようになり重力も曲げられるようになります、
ついには真円に近い曲率になります、その位置が火星と木星の間の小惑星帯になります、この位置の重力はもはや太陽面から発散する放射エネルギーでは無く円を描く回転エネルギーに変性しています、この現象は太陽の赤道面が激しく両極に向かうにつれて弱まります、(下図を参照して下さい)
Uzuabs2

                回転する太陽の重力の平面展開図


Uzuph3

                回転する太陽の赤道面重力の断面展開図


太陽の赤道面挟んで小惑星が密集する位置に回転重力が積層して重力を蓄え外部空間にゼンマイのバネを解く様に回転拡散しながら重力は広がっていきます。
(注) 重力は太陽表面から三次元放射したのが太陽の回転で二次元的な渦拡散に変成して広域化します。
以上で分かることは火星以内の太陽系空間と木星以遠の太陽系空間では重力環境が全く異なることが分かります、火星以内の惑星は太陽の重力が直接に太陽に引き寄せる引力として作用します、その為惑星の形状は小さく高密度物質の形状で直接に重力を受けやすい小型星になります、太陽重力は回転成分が小さいので星の自転速度は遅くなります、
木星以遠の太陽系空間では太陽重力は回転拡散状態ですので惑星を太陽に引き寄せる引力成分は存在しません、しかしそこはまさに重力が渦巻き広く展開する赤道面を中心とする重力渦を形成するのです、そこは重力が空間大気を巻き込んだ気流渦となって外部宇宙空間から太陽に資源を捕給するのです、水素やヘリュームは太陽の燃料として空間に浮遊する物体は惑星として渦気流によって中心に向け運ばれます、その際気流に乗って運ばれ易いように形状を大きくして渦気流の早さに同調するので自転速度は速くなります、渦気流と言っても大気濃度が極端に低い真空に近い大気圧の気流は人間には感知出来ない微弱な風ですが対向面が広いと作用力を発揮します粘性が極端に低いので重力の影響を受けやすいので高速気流になります。
ですから木星以遠の惑星は大きく自転速度が速いことが説明できます。
太陽は常に宇宙から活動するためのエネルギーと物質資源を調達し発熱を活発にして熱を蓄えているのです。
先に太陽系の重力展開予想図を示したように重力展開で活動空域を形成して宇宙空間に同化して蓄熱体として存在を確立し銀河系を構成する恒星となります、
太陽系の活動気団の形状は外形的には扁平な回転楕円体をしている推計します、広大な空域に太陽を含めて10個程の星を内包する太陽系は比質量は星間空間のそれとほぼ同等になります、ですから太陽系は宇宙空間に同化したということになります。
太陽系状態はあたかもシャボン玉のように風に吹かれてふわふわ空中に舞い飛ぶ回転する大気団ですが太陽の回転軸はぶれない安定した姿勢を保持します、ですから渦巻き銀河系内の渦気流でも安定しています。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/19

宇宙科学::::(5)太陽系

太陽系は(天の川)渦巻き銀河系を構成する恒星系の一つであるという認識で話を進めます、
系というからには星単体を指すものでは無いわけでそれは中心核の太陽(星)を周回する複数の惑星と付随する衛星等にそれらが存在する惑星周回空間とその外側に広がる太陽重力で拘束される惑星外空間で成っています。
系の中心核の恒星とその付随星の誕生形成の違いについては前に記しましたので参照して下さい、恒星系空間は中心核星が回転していますので付随星と重力拘束空間は同調して回転しますこれも前出しました、
付記することは回転する太陽の重力は太陽から離れるに連れ強さが弱まると同時に対象が広がり負荷が増しますそれに加えて周回速度が速まり大気負荷が遅れるようになり遂には回転重力に変性します、すると三次元発散エネルギーが二次元の流れエネルギーに変化します、その結果重力の拡散範囲が大幅に広がります、
このことも前出ですそれを単なる推測と見るか科学的な探求とみるかは読者にお任せします。
恒星が周囲の空間を広く付帯することでの系の総合比質量は系外の一般の宇宙空間それと同等に近づきます、即ち恒星系は宇宙空間に同化するのですしかし回転する活動空間として独立は確保します、このことも前出です参照してみて下さい。
恒星系は宇宙空間に浮かんだゆりかごなのです、その中には火の玉が抱かれています。
銀河系ではゆりかごに乗った火の玉が渦巻き状に渦の中心に向かってまるで星の台風のように渦巻いていま

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ


す、詳しくは後ほど記します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/10

宇宙科学の事始め(3)

前回は単眼的な宇宙論が跋扈している現状を看過できずつい持論を披瀝してしまい話が逸れましたのでそれを引き継ぎ元に戻しますます、
宇宙では物体が衝突を繰り返すことで大きな物体が形成され星に成長して回転するようになり重力も増えます、
恒星の誕生はもっと劇的と考えています、銀河系の外縁部の穏やかな空間で発生する大規模な局所渦気流で中心部の多数の物体が瞬時に衝突合体して大きな星の核を形成して周囲の物体を捕捉合体して大きく成長すると考えています、
このようにして星の躯体が形成されると質量に応じた重力得てなおその上繰り返された衝突の運動エネルギーが回転力と熱を供給します、重力は周囲の空間大気を媒体にしてを広く空間を領域化して一体化します、星は回転していますので重力拡散空域は星の赤道面が膨らんで極上が押しつぶされた扁平な活動する回転楕円体に成ります、
ところで星の重力は星から遠ざかるに連れてその距離の2乗に反比例して減衰します、ですから星の重力の実効範囲は限られます、それにも関わらず重力が周く宇宙に存在する唯一の力学的な要素として依存したのは他に宇宙を束ねる要素が見出せなかったに過ぎません、このことについても後で探求します。
ところで重力は星の付随力学的エネルギーでありそれ以上では無いということを認識することが宇宙科学の基礎としなければなりません、そうすれば当然宇宙を束ねる別な要素を求めることになります。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/21

宇宙科学の事始め (1)

あなたは太陽系の星の殆どが自転していることから宇宙では星の自転は一
般的な現象であること言うことを推測したことはありますか、
おそらく関心が薄く考えた人は少ないと思います、ましてや星の回転が引き起
こす諸々の現象について考えを馳せたことは少ないと思います、
本来 宇宙の科学はここから始まらなければならないのです、地球の自転が日
をめくり公転が季節を生み年を刻みます、地球が回転していることが常識化して
見過ごしてしまったのだと考えます、
宇宙科学の現状は幼児に説明するかのようなブラックホールやビッグバーンの
お絵かきにに専念しています、
その結果 相対論と宇宙膨張論の説明と後追いに明け暮れています、そこには
科学は存在しません、科学すると言うのは現象を観察して合理的に体系付ける
作業を指します、それには斬新さや独自性が求められます、
旧来の理論に傾倒し擁護することに専心することは常に反省が伴わないと迷路
に陥ります。

話題を星の回転現象に戻します、一般的には星は物塊の度重なる衝突で成長
すると考えています、(注 宇宙では物塊の分布は霧状に見えます)宇宙空間
には星の種と肥やしになる物塊が無尽蔵に浮遊しているいると考えています、
その供給元は渦銀河系の中心部で系内の外縁部に向け放散されます、
それが渦気流に乗って漂っているうちに近づいた物塊が衝突を繰り返して大
きく成長する過程で衝突の運動エネルギーが熱と回転力に変換され巨大化
したものが恒星となります、

星が回転するようになるのは重心を外れた衝突で回転が始まります、衝突を
重ねるごとに回転速度を増し内部温度も上昇します、
星が回転すると回転軸が固定され存在が安定します、
星は回転することで周囲の空間を重力によって能動領域とし存在が確立し
ます、こうなりますと星と星が直接衝突することは無くなり結合合体が行われる、
総合すると星は回転することで空間に同化して一体となって宇宙構造体の構成
要素になり役割を担います。

星の回転についてだけでも探求する事柄がこの様にいろいろ考えられます、
旧来の説に頼って宇宙を眺めていては新しいことは見つかりません、
俗な言い方をしますと宇宙に直接手を突っ込んで探す意気込みが無いと真実
は見つかりません、洗脳された現状では難しいですが克服されなければなりま
せん、次は重力等を取り上げます。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

続きを読む "宇宙科学の事始め (1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

エネルギー | 合間 | 回転 | 大気 | 宇宙 | 宇宙論 | | 時間 | | 科学 | 空間 | 重力