2017/02/07

熱が宇宙空間を操っている

近代宇宙科学で熱は無視されてきました、自然界で熱は物質の存在を示す証拠で

す、物質の無い所に熱は存在しません、空間は大気物質が在るから熱を持つので

す、真空では物質が存在しないから熱を発することはありません、宇宙全域で3K

輻射が観測されます、これは宇宙空間は大気物質で形成されている証です、

気体物質で形成される宇宙空間は環境温度に敏感に反応します、開放空間の

宇宙空間は温度は下がる傾向にあります、大気濃度の極端に希薄な宇宙空間で

は超流動状態にあり僅かなあ気圧差で気流が発生します、そこで気温が下がって

気圧が低い所に向けて気流が発生します、ですから気流が常在する超流動空間

なのです、このことを理解するのが宇宙を科学する第一歩になります。

さらに気体物質の温度特性が宇宙空間の活動を特徴づけます、推論を交えて

示します、それはヘリュームガスを主成分とする宇宙大気は気流が停滞すると

大気温度が下がり3Kを割り込むと大気が突然に凝集して大幅に体積を萎縮し

ます、

するとそこの空間が消失して散在している物体や宇宙の塵が衝突合体して

中心核が形成されます、その核が小さいうちは立体気流渦状の宇宙低気圧系

として宇宙空間に存在します、核が大きくなると立体渦気流は重力で拘束され

核を取り巻く回転気団に変成され恒星系となります、核は物体の衝突合体で

成長し火球なり熱を蓄えます、そして宇宙の燃料となりさす。

さらに大きな宇宙低気圧系は大きな恒星系を沢山巻き込んだ巨大な宇宙低気

圧系が発生します、これは3次元の立体渦気流構造していて恒星系を運ぶ

平板な気流渦とその中心部のバジルから渦面の表裏に垂直立ち上る回転

軸状の噴流が星の熱と燃え殻を外部え発散します、こうして星の熱と燃え殻

は宇宙空間に拡散されます、宇宙空間を温めるにはこんな巨大な装置が

必要のです。

渦巻き銀河系は平面的な渦巻き構造が結合機能を示し渦巻き中心部の

噴流気流は系の勢力域を確保します、まさに小宇宙とも云える構造体です。

宇宙は渦巻き銀河系の連合体です。

膨張論や相対論に囚われていてはこの様な発想は出て来ないと思います、

本来の科学の手法を思い起こして宇宙を科学することが緊要です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/15

21世紀の宇宙科学原論 (9)--(日本人の発想)

宇宙空間の温風装置
いよいよ宇宙の温風装置について仕組みと機能を説明します、星空を散りばめている無数の恒星達は灼熱のコークスが固有の空間で包まれて保温された状態になっています、この状態では宇宙空間は恒星から熱を得ることは出来ません、恒星の熱を宇宙空間に移すには恒星を包み込む固有の空間を剥ぎ取って宇宙空間に曝さなければなりません、そこに宇宙空間の気流を直接に当てることで初めて恒星の熱が宇宙空間に移ったことになります、渦巻き銀河系にはこの機能が備わっています、

Ginga5a_2

上の図は渦巻き銀河系の模擬図です、渦巻き銀河系の気流はは透明体です、そこで解りやすくするために図示してみました、図面中央の多重の同心円は主体の銀河渦円盤気流で(空色)の複数の円弧は渦状気流であることを表示してその中心部に(赤丸)は恒星を表します、渦気流の中心部で灼熱した恒星が密集して相乗加熱される様子を示しています、加熱された渦気流は渦中心で気流渦面に垂直な噴出突風熱気流(黄色)となりこの熱風軸気流は渦気流面から遠ざかり次第に勢いが衰え気流が分散しキノコ傘状(桃色)に拡がり中心の渦気流の銀河面に被さり循環構造を形成します、銀河面の中心から垂直に立ち上りる熱突風には星の燃え殻が含まれ熱と共に外界に放散されます、そして星の再生産が始まり新たな循環構造がうまれます。
ところで宇宙は星の熱を空間に転移するのに渦巻銀河系という膨大で正に宇宙規模の構造体を必要としたのです、また銀河系が多数存在するということは宇宙の広さを知る手がかりになります。

宇宙は空間と星が共演する場であると言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/08

21世紀の宇宙科学原論(8) -- (日本人の発想)

宇宙空間の「しきい値」
宇宙空間における熱の役割は多岐に亘ったていることは前の記事で説明しました、その熱は外から与えられるものではありません、そこで原始宇宙に存在するのは気体物質で形成する広大な拡がり即ち宇宙空間とそこに浮遊する塵状の固形物質とから成り立っていたと想定します、空間は気体物質で形成されていて空間は熱的な「しきい値」を超えた温度環境にあることを示しています、それは宇宙空間は単純な基本原子のヘリュームガスや水素ガスが主成分であることに鍵が隠されているように思えてならない。
宇宙空間は温度的な「しきい値」が存在することを認識していただきたい、残念ながらこれに気付いた人は居ない。
宇宙空間で物塊が散在する局所空域で気流が停滞して温度が下がり「しきい値」を割り込むとその空域の大気が瞬時に凝集し空間が消滅するとそこに散在した物塊は衝突して熱球を誕生させると共にそこに低気圧域が発生し周りから気流が押し寄せて立体渦気流が発生します、この現象で星が産れます、星を取り巻く渦気流は回転する星の重力で駆動されるようになり空域を纏った恒星系が誕生します、
更に大規模の宇宙低気圧系は恒星系を巻き込み渦巻銀河系を造成します、そこには星の熱を空間に伝導する仕組みが組み込まれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/23

21世紀の宇宙像(4)

先ず無重力な宇宙空間を温めることを考えてみます、そこでこの空間に加熱された球体を置いたとすると球体表面に直接触れている空間大気は球体の熱で直に加熱されます、大気に伝わた熱はじわじわと周りの大気に伝わって大気が徐々に温められます、所謂熱伝導により熱は広がります、宇宙空間では熱の対流拡散や輻射熱による加熱は起きません、一般的には温められた大気は周囲の気流により暖気と冷気が撹拌されて空間に熱を広めていくのです。
宇宙空間は空間を維持する温度的な閾値が3K°以下の2K°の間にあると考えられます、局所空域の温度ががこの閾値を維持できず冷えたとすると域内大気が凝集を始めます、すると連鎖的に凝集が広がり空間が喪失します、するとそこに周りから大気がなだれ込み空間を復元しようとます、これが宇宙低気圧系の誕生の成因です。

Img_0387_2_2

これは立体渦気流体で宇宙空間に一般的に存在する気流活動体です、恒星はこの気流活動で誕生し渦巻き銀河系は大規模な宇宙低気圧系の気流活動に恒星系を巻き込んで形成されます、宇宙低気圧系の機能は規模によって役割が異なります、小規模な宇宙低気圧系は宇宙の熱源となる恒星系を産出します、恒星系は灼熱の回転する熱球の中心核が周囲を空間を巻き込んで回転楕円体の活動空域を確立して宇宙空間に無数存在し宇宙空間を維持する熱的な要素となります。
宇宙空間に散在する無数の恒星系を巻き込んだ巨大な宇宙低気圧系が渦巻き銀河系を形成します、恒星系は渦巻き気流に乗って渦の中心に運ばれていきます、渦中心部では恒星同士が密集して相乗加熱現象で星の燃焼炉化し星は昇華して渦気流に乗って渦気流面に垂直に噴き出す軸状の高温な噴出突風となって星の燃え殻と共に渦気流面から離れた外部に熱気を噴き出しその一部が所謂ハローを形成します、残りの噴出暖気流は外部に拡散して周囲の宇宙空間を温めかつ星の燃え殻を振りまくのです。
宇宙は空間の大気の活動が灼熱の星を産み活動星団を作って星の熱で空間を温め宇宙の環境温度を維持して空間を確保する気流活動体の連合である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/15

21世紀の宇宙像 (3)

宇宙空間は大気で形成されるということを大前提とします、宇宙空間の構成物質は融点の低い気体物質であるヘュームガスが主体で水素ガス等となります、このことは宇宙空間は極低温環境でも空間の維持可能であることが分ります、 次に空間は熱を伝えるには1つの方法しかありません、それは熱源に直に触れた気体が熱を受け入れ周りの気体に熱を繰り返し受け渡し熱を周りにひるめていく熱伝導です、それに気体は流動性に富んでいて暖気と冷気の撹拌で熱が拡散します、次に宇宙空間の特徴で気体の凝集による気流の発生現象が起こります、それは宇宙空間の3K放射でみられる大気の臨界状態が招く特有な現象で宇宙空間では局所大気が停滞すると気温が下がり凝集しますそこに周囲から大気が流れ込みます、そして気流が発生し立体気流渦巻きの宇宙低気圧系が発生します、その宇宙低気圧系は規模によって星を造成し恒星系を産生します、まさに宇宙の部品製造の役割をしていると考えます、しかし宇宙の熱源である恒星系を沢山作ったとしてもそれだけでは宇宙空間は温められません、恒星系を包む大気の衣を剥いで直に気流に曝して熱を大気に伝えるしかありません、その仕組みが宇宙空間に存在するわけです。
恒星は周りを空域で囲み宇宙空間に同化しています、自走機能も在りません連結するにも厳しい制約が在ります、それは対面して回転して互いの赤道面が一致する必要があります、この様に限られては結合機能も制約が大きくて一般的ではありません、空間を纏った恒星系は宇宙空間の気流によって漂う存在なのです、それは熱を抱いた風船の様な存在なのです、ですから宇宙の気流で運ばれるのです。
恒星系が散在する宇宙空間は加温されることはありません、気流が停滞するとやはり大気温度は低下します、すると広範囲に大気が凝集して一気にしかも広範囲に大気圧が下がり周囲から気流が流入して渦が形成されます、中心部では空間が消滅してそこに存在した複数の恒星系が衝突して大きな火の玉を形成します、そこに集中する渦気流は円盤状に拡がり周囲に散在する恒星系を渦気流に乗せて中心に向け運ばれます、渦の中心部では集中する大気は加熱され一層圧力が増し渦両面に垂直な軸状噴出突風気流となって渦面から吹き上がり遂には渦面に被さるように拡がりハローを形成します、これは開放型の循環構造の気流活動体になります。
以上は銀河系の生い立ちと構造の概略について記しました、次に銀河系の機能を探ります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/10

21世紀の課題 熱を知る(2)

熱が織りなす壮大な宇宙現象を示しましょう、銀河系間の宇宙空間は無拘束で開放的な自由空間です、熱的には臨界状態にあります、ですから流動状態にあれば熱の移動は容易ですが停滞すると熱の移動が止まり開放状態で拡散指向の大気は温度低下し易くなり大気の凝集を来します、すると気圧の低下を招き周囲から気流が押し寄せ渦気流が発生します、この渦気流は各所に頻発し大半は消滅します、中には複数の渦気流が合体して大きく発達して内部に星を沢山内包するようになり星の合体で熱を持つようになると立体渦状の銀河系が形成されます、以上銀河系の誕生の隠れた主役は熱であることを納得いただけるとおもいます。
では渦巻き銀河系は宇宙にどんな働きするか当ってみます、何千億個の恒星が渦巻く気流の中心部は恒星が密集して相乗加熱状態になり超高温状態になり固体物質も気化する高熱炉と化して渦気流の中心の垂直開放気流に熱気と星の燃え殻を載せて渦気流面と垂直方向に渦面の表裏に開放して立体渦気流体が形成されて渦巻き銀河系となります、これは開循環構造で持続性のある活動体です、機能は宇宙空間の局所を温める撹拌温風機として宇宙宇宙空間の保全を司ります。
宇宙空間は銀河系の連合で温度維持を図る気流活動集団を構成して存在を確保しています、特筆すべきは宇宙は自前で熱の生産します、空間に散在する星の種(物塊)が衝突することで発生する熱エネルギーが星を加熱し恒星を産み出すのです、宇宙は存在の継続可能な活動体です。

    渦巻き銀河の模擬図

Ginga5a_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/16

21世紀の課題 熱を知る(1)

水蒸気風船は時間が経つにつれ内部の水蒸気が冷やされて水滴になって遂にはしぼんでしまいます,
これは空間の温度依存性を象徴的に示した現象です、宇宙空間も大気で形成されているとすれば温度依存性は免れない筈です、
そこで宇宙空間の環境温度が3Kであると観測されています、この温度条件ではヘリュームガスは気体を保ちますが水素は液化します、この2者以外の物質は全てが凝集して体積を極端に失います、ですから宇宙は希薄なヘリュームガスが主体の大気空間であろうと推察します、
一般に極低温で極低圧な空間に動きは想像できません、ところが予想に反して希薄のため粘性が失われれ超流動な空間は僅かな気圧変異(局所低気圧)に敏感に応答する超流動空間です、そしてそこには気流の抑制の機能を持つ重力が存在しません、
宇宙空間は囲いのない開放状態ですから大気は常に拡散指向にあります益々大気圧は下がる傾向にあります、ですから空間は常に温度が低下指向です、大気温度が下がれば空間は体積を委縮します、常態を維持するためには宇宙空間は温めるか大気を撹拌して温度を維持する必要があります。
宇宙空間の温度を維持する熱源は星以外に見当たりません、そして星が空間を温めるためには自然の摂理に従がわねばなりません、放射熱は空間を直に温められないということです、それは星の熱で直に空間を温められないということです、この大きな自然の摂理が宇宙の構造を定めたのです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/09

21世紀の課題 空間を知る

宇宙空間には重力の気配は在りません、このことは宇宙を理解する上で緊要な認識でなければなりません、開口一番驚かすような文句で失礼します、これは空間に対するあなたの認識を改めることを求めるためです。
前に記したように重力は星の附随エネルギーで回転する星の周囲の大気を絡めとり星を芯とする回転楕円体状の空間を形成して星を宇宙空間に同化させます、星はこのようにして空間仕様に身繕いします、決して重力が宇宙空間に滲み出るようなことはありません、そして星が合体することはあっても衝突することは有りません、それは星は回転しているからです、そして宇宙空間が広いので星が合体する程には近づくことはありません、このことは宇宙観測で星の衝突現象を捉えていないことで納得できます、ところで太陽の周辺に存在する恒星は5光年以上離れていてしかも回転面が異なっています、これでは距離が離れ過ぎてしかも回転結合面が不一致で連結の仕様がありません、このことから重力の限界を知ることが肝要です、一般には宇宙空間での星間距離は想像したよりは離れています、膨大な数の星の存在よりも空間の広さの方が勝っていることを悟ることが肝要だと考えます、宇宙空間は広いのだということを再認識する必要があります。
そこで今まで無関心でいた宇宙空間に脚光を当て様子を探って実態を明かす努力を今世紀には果たさなければなりません、気体濃度が低く真空に近くて3K度という極低温状態の宇宙空間で何が出来るというのでしょうか、この謎解きをしなければなりません。
宇宙空間の大気濃度が極端に低いということは大気の粘性が低く流動的で僅かな圧力差で気流が発生し大気の流動空間となっています、まして気流を抑制する重力が無い状態ですから平衡が取れない超乱流状態にあります、この中に立体的循環渦気流を持ち込めば周囲の乱気流は収まり銀河系として空間の維持管理を果たします、その陰の主は熱なのです。
次回は熱を取り上げます。

宇宙空間という概念をまとめてみました。
空間は大気で形成された3次元の空域を指します、宇宙空間の広さは宇宙全域に亘ります、その限界は広すぎて未解明です、空間は大気圧の局所変化を周囲の空間で平準化して影響の拡散を防ぐ包含機能を持っています、宇宙空間は銀河系という大気加温機能の局所大気変動域を多数内包した巨大空間ということになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/05

熱を知れば宇宙の実像が浮かび上がる

満天の星空に瞬く恒星は太陽と同じ様に灼熱の星で熱を蓄え周囲に放熱しながら光り輝いています、光を頼りに星の状態を知り分布を調べ宇宙の詳しい構造までも明らかにしました、
しかし熱に対する関心は無く等閑にされたままです、もし熱に関心が有ったなら現在とは違う宇宙の活動する実像が描けていたでしょう。
銀河系は恒星という火の玉の活動集団であると認識すると太陽の熱量から推量すると銀河系の総熱量は膨大な値になります、すると銀河系の熱の行方が気になります、それを探求するのが宇宙科学の役割です。
宇宙は星と空間で形成されているするとこれを言い換えれば固体と気体で出来ていると言えます、物質の特性として固体はエネルギーを蓄え発散する機能を持ちます気体は空間を形成する機能を持ちますがその為には熱エネルギーを必要とします、空間は星の熱を得て維持されます。
ところが星の熱エネルギーは直に空間に伝わりません、その役割を果たすのが銀河系の活動です、星の熱を銀河渦気流に乗せて宇宙空間に発散して空間の温度を支えるのです。
宇宙は星と空間の協働で存在を維持しています。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/11

台風に似た銀河系

満天の星空に瞬く星々は太陽系と同じ恒星系で天の川銀河系を形成する星々です、これらの恒星系は太陽系と同じ構造をした発光する発熱蓄熱体が中央星で回転しながら周囲の空間大気を重力で捕集拘束して回転楕円体の広域な能動空域を形成して恒星系空間とします、そうして銀河の星間空間大気に同化して銀河系に溶け込みます。
仮に灼熱の太陽を移動させようとするには直接摘んで動かすのは手っ取り早いのですが具体的な方法は見つかりません、そこで分厚い断熱素材で包装したら運搬の方法が見つかり易くなります、
例えば風船や綿飴は中に小さな実を付けていても風で飛ばすことが出来ます、ところで恒星系では恒星は分厚い空間大気で包まれています、ですから銀河空間大気流で恒星系は中心に向けて移動させることが出来ます、
これはあたかも地上の台風で吹き飛ばされる水滴や雲に似ています。
従来は宇宙を構成する力学的な要素は重力であると考えられていた、その根拠は太陽系を形成する力学的な要素が太陽の重力であることを突きとめたことでこれを広さの制限を無視して広範な宇宙全域に適用しようとした結果です。
ところが星の重力は回転する星の周囲に展開する結合エネルギーで放射拡散型の吸引力では無く回転しながら拡散する渦巻き流エネルギーで星の付随エネルギーで広域な宇宙の力学的には成り得ません。
恒星系の形状は卵に似た回転楕円体状の回転気団で周囲に単に同化するのでは無く一体化して周囲の星間空間に混在するのです、
そして回転する恒星気団は銀河系の渦気流に吹き飛ばされて銀河系の中心に吹き寄せられ渦巻くのです。
この様な推理をも許さなのは重力を科学することを怠った為です。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

エネルギー | 合間 | 回転 | 大気 | 宇宙 | 宇宙論 | | 時間 | | 物理 | 科学 | 空間 | 重力