2013/03/29

時間は広さの規模に対応する

時間について考えよう、今我々が使っている地上の実用時間が周く宇宙に通用すると考えている節があります、

時間は現象の変化に伴う概念です、例えば物体が移動する際の状態を示す指標として時間と距離が用いられます、単位時間における移動距離の長さで速さでを決めます、しかし移動物体との観測位置の距離によって見かけ上の移動距離が変わります、このことが宇宙を科学する上で大きな観測要素になります、
このことは見かけ上同じ長さに見える移動距離は遠く離れる程実動距離は長いと云うことになります、
このことは広大な宇宙現象を理解する上で必須な時間認識となります、前に宇宙では光さえも止まって見えると書きました、地球の一年が1秒にも満たない空間規模を持つ空域系が我々の近くの宇宙空間存在することを認識することが宇宙を科学する要件です。
宇宙には様々な規模の異なる系が混在して系固有の時間が並存することになります。
広さの要素である長さに宇宙表示単位の光年とかパーセクルという表示が普及していているのと対照的です。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/11

宇宙科学::::宇宙空間につて

宇宙空間が真空だとするならば星が星間を得る為の反力を証明しなければなりません、これは不可能だと考えます、ですが希薄な大気空間の場であれば僅かな隙間でも忍び込む気体の特性を考えると星が空間に散在することは理解し易いことです、ですから空間は大気で形成されていると結論せざるを得ません。
しかし宇宙空間は一般的には三次元の解放された自由空間です、この状態は宇宙が膨張する要素となります、
それを可能にするには空間の温度要件が満たされかつ空間資源の確保が必要です無条件に空間が膨張することは考えられません。
実際の宇宙空間は空間と星が協業して銀河系という局所宇宙空間を形成して空域の確保と大気の温度管理を自主的に行う局所空域管理構造体が宇宙空間を分割管理していること考えています。
天文学でも宇宙は銀河系が多数存在することは明らかにされていますがその先については分かっていません。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

エネルギー | 合間 | 回転 | 大気 | 宇宙 | 宇宙論 | | 時間 | | 空間 | 重力