« 観察について | Main | 熱!! »

May 12, 2005

星空を観て(4)

あなたに尋ねます、宇宙は星の周りに空が在るのでしょうか? それとも空の中に星が点在しているのでしょうか? 

あなたはどっち:もしあなたが前者であれば宇宙は星が主体であると考える立場を示します、後者であれば全体を俯瞰して星の役割を見出そうとする立場を示しています。

歴史的には天文は星の観測から始まりました、ですから当然に星を対象にした学問でした、

次第に星空の様子が明らかになってくると星だけではなく星空に関心が拡がっていきます、そこで広く宇宙に関心が持たれるようになったと考えます。

では例によって眉唾のたとえ話しをします、日本の国を考えることにします、概略の地図を知ってそこに存在する生物や地形を調べただけでは実態を掴むのは難しいですよね? 

 日本は地球のどの位置に在りそして自然環境を把握した上で気候風土と地形と生物で取り分け人間を調べれば実態が明らかに出来るのでは無いのでしょうか?

わたしは全体を意識するからと言って膨張宇宙論を支持するものではありません、唯一光のドップラー現象理論だけに依存する貧弱な論拠の膨張論には乗れません、もっと多角的な論拠を持った理論でないと後世に向かっても主張出来ません。

関連した疑問を示します、地球は自転しています、いま仮に夜空の星は移動しないとしますと遠い星ほど地平から昇るのと沈む角加速度に依る視線方向の移動速度は速くなります、星の昇降時の光のドップラー現象は確認出来るのでしょうか? こんなこと以外には現在のところ確証は得られないじゃないんですか、膨張論を支持するのでしたらもっと多くの確証を積み上げなければなりません。

|

« 観察について | Main | 熱!! »

Comments

> 遠い星ほど地平から昇るのと沈む角加速度に依る視線方向の移動速度は速くなります

この部分の記述の理由がわからないのですが、説明していただけます? 星が動かないのであれば、遠くにあろうが近くにあろうがその星の視線方向移動速度は地球の自転と公転の速度を合わせたものに等しいと思うのですが。

Posted by: mtk | July 15, 2005 at 01:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38792/4099347

Listed below are links to weblogs that reference 星空を観て(4):

« 観察について | Main | 熱!! »