« September 2005 | Main | November 2005 »

October 25, 2005

発言の場を求めて

わたしはかつて日本天文学会の会員になったことがありました、10年前の当時は太陽系の重力分布が渦状になって展開すると考えて宇宙は動的な力学系で構成されると重力の渦結合にまで理論を進めていました。

春、秋の年会に渦結合だとか重さとは、慣性と無重力等について発表したことを覚えています、その時の印象は全く土台の違う土俵に立っていることを痛感しました、それからは発言の場所を求めて訴えていかなければならないことを覚悟しました。

それでホームページを立ち上げてみたり、niftyのスペースフォーラムの宇宙論に発言をしました、確か私が最後の発言者ではなかったかと思います、この過程で重力以外に必須要素があることに気が付き従来の宇宙論が偏っていることを一層強く感じるようになりました。

ブッログに現実に対面してこれっだと意を強くしました、これがわたしが求めてきた発表する場だと直感しました、制約を受けること無しに自由に自分の考えを発表でき努力すれば多くの人に見てもらえる、わたしに取っては打って付けの意見交換の場が出来たのです、以前の経験を踏まえて出来るだけ分かり易くを心がけて表現したいと努めてきました、最近はCADを使った模擬図を挿絵に分かり易い説明を心がけています、次は何とか立体的な表現をしたいと努力しております。

ご覧頂いた皆さんには既にお気付きの通り現在の理論をひっくり返す試みなのです、大勢の方にご覧頂いておりますが残念なことですが積極的なご意見が伺えません、宇宙には星と重力以外に構成要素が存在します、それを無視しては宇宙は語れないことに是非気が付いて下さい、宇宙の構成要素それは回転する星とそれから放出する重力と熱に空間を形成する大気(気体)とが連携した活動で宇宙を形造っているのです、どれ一つが欠けては存在し得ないのです、それに宇宙は活動的で有機的な構造体であることにご理解をして頂きたい、このことはこれから説明することになりますが分かり易さを心掛けて理解を得たいと願っています。

| | Comments (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »