« 空の広さ | Main

March 02, 2010

無機と有機(2)

アクセス解析で特徴的なことに気が付きました、それは「有機と無機」という記事に沢山のア

クセスがあるということです、そして特定な方の関心が伺えますのでお返えしする意味も含め

てわたしの考えをお示しします、先ず断っておきますが化学的な定義の無機、有機について

の事柄について記したものはではありません、一般に自然現象的では無機、有機という概

念は停止、活動か静止、能動に置き換えられるとして無機物で構成される宇宙の状態の妙

を説明しものでした。

宇宙を構成する要素は星と空間という無機的な要素で構成されています、それが不思議な

程に自律的な活動で空間の存在を維持している様は正に有機的と言わざるを得ません、

このことは最近の記事をお読みになればご理解願えるのではないでしょうか、宇宙が活動す

る様は太陽系いや地球が周囲の恒星と群れをなして移動しているから想像し難くいだけ

なのです、それと遠くの物は動いていても止まっている様に見える為でもあります、しかし

何万光年もの彼方の銀河系は渦巻いて活動している様子が視覚的に確認出来ます、

この様子から宇宙は空間を維持する為に自律的に活動する活動体の集まりであると判

断し有機体であるかの様に感じたのを記事にしたのです。

こんなことを言っている人は私以外誰もいません、ですから興味本位で読むもよしそれと

も時流に逆らって新たな視点で真理を追究する姿勢を評価すると理解ることを願っていま

す。

現在の宇宙論や科学は教条的で発想が幼稚すぎます専門家には通用しても一般大衆の

理解を得るのは困難です実生活に影響が無いからそれが許されているだけなのです。

共感頂けることを願っています。

|

« 空の広さ | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38792/44490771

Listed below are links to weblogs that reference 無機と有機(2):

» 確かな観察と洞察力 [宇宙の仕組み ]
現在の自然科学分野で求められているのは表題で示した最も初源的な事柄では無 いでし [Read More]

Tracked on March 02, 2010 at 11:31 AM

« 空の広さ | Main